インターネットの基礎知識

【光コラボから光コラボ】事業者変更承諾番号の取得方法を分かりやすく紹介

事業者変更画像

2019年7月1日からできるようになった事業者変更。光コラボから別の光コラボへの乗り換え手続きがとても簡単になりました。

しかしそのために必要な「事業者変更承諾番号」の取得方法は、光コラボ事業者によって異なるようです。ここでは事業者変更承諾番号を取得するための事業者別の方法などについて詳しく解説します。

これでいざというときに迷わなくて済みますよ!!

ヒカリコンシェル編集部
ヒカリコンシェル編集部
ヒカリコンシェル編集部です。

事業者番号の取得方法に関しての相談を多くいただきます。光コラボ事業者の電話が繋がらなかったりなかなか事業者番号を発行してくれないといったケースが増えていますね。

各光コラボ事業者によって事業者番号の発行方法が違ってきますので注意が必要です。

今回は10年以上この通信の世界にいる私たちが事業者変更承諾番号の取得方法をお伝えします!

この記事が、お悩みの参考になれば幸いです。では、本文スタートです!

1.光コラボから光コラボへ移行可能!事業者変更とは?

事業者変更とは画像

始めに「事業者変更とはなにか?」から解説しましょう。

事業者変更とは、「光コラボの契約先を基本的に工事費不要で移行できる手続き」のことを言います。

これまでフレッツ光から光コラボへの移行は、工事不要・電話番号変更なしのいわゆる「転用」という形で変更が可能でしたが、光コラボから光コラボへの移行は基本的に既存の光配線を廃止し新たな光回線を新設する形となるため工事が必要で、電話番号もアナログ戻しという手続きを踏まなければ変更となる仕組みでした。

事業者変更が出来ない時期は移行が大変だった

アナログ戻しとはひかり電話をいったんアナログに戻す手続きのことで、これには手間と時間と費用が掛かります。つまりフレッツ光から光コラボへの移行は簡単なのですが、光コラボから光コラボの移行には工事費が掛かり手続きも面倒だったのです。

それでも光コラボサービスが開始されてすぐは大きな問題がなかったのですが、4年が経過し光コラボの契約件数が拡大して光コラボ事業者のサービスも多様化が進んできている今、利用者から光コラボ事業者の変更にかかるこれらの負担に不満の声が多数あがるようになりました。

事業者変更の仕組みがスタート

そんな声を受けてNTTが光コラボ間の移行も円滑にできるように2019年7月1日から始めたのが「事業者変更」サービスです。

つまり、これまで利用者が手間と時間を掛けて元の光コラボ事業者と解約手続きやアナログ戻しをし、新しい光コラボ事業者と新規の契約を結んで開通工事の立ち合いをしていたものが、転用のような簡単な手続きで光コラボ事業者を変えることができるようになったということです。

つまり「利用できなくなる期間なしで、よりお得な光コラボサービスに乗り換えやすくなった」ことです。

2.事業者変更承諾番号の取得方法を分かりやすく紹介

事業者番号取得方法画像

では、事業者変更承諾番号の取得方法を光コラボ事業者ごとに、費用や有効期限も含めて見てみましょう。

2−1.大手キャリアの取得方法

まずは利用者が多い大手キャリアの取得方法を3つ見てみます。

2−1−1.ドコモ光からの移行

ドコモ光から別の光コラボに乗り換えたい場合には、ドコモ光から事業者変更承諾番号を取得する必要があり、ドコモ光の場合手続きは「ドコモショップ」または「ドコモインフォメーションセンター」で行えます。

※ドコモ光サイトより(https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/cancellation/?icid=CRP_HIKARI_application_procedure_release_to_CRP_HIKARI_cancellation

なお、ドコモショップへ来店する場合には「来店予約」がお勧めで、混雑するドコモショップで数時間など待たされることなく優先的に案内してもらえます。

以下のサイトからで予約ができますので活用しましょう。

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/service/reserve_shop/?icid=CRP_HIKARI_cancellation_to_CRP_SUP_shop_service_reserve_shop

そしてドコモインフォメーションセンターに電話をする場合には、次の電話番号・受付時間になります。

(1)ドコモの携帯電話からの場合

電話番号:(局番なし)151(通話料無料)
受付時間:午前9時~午後8時[年中無休]

(2)一般電話などからの場合

電話番号:0120-800-000(通話料無料)
受付時間:午前9時~午後8時[年中無休]

そしてどちらかの窓口で「事業者変更承諾番号がほしい」と伝えることで番号を貰えますが、その際事業者変更事務手数料として3,000円(税抜)が、事業者変更完了日の翌月以降に請求されます。また、事業者変更承諾番号には有効期限があり、発行日を含めて15日間となっています。

事業者変更はこの期間内に乗り換え先の事業者へ事業者変更の申し込みをする必要があり、万一有効期限を過ぎてしまうと新たに発行してもらわなければならなくなりますので注意しましょう。

2−1−2.ソフトバンク光からの移行

次にソフトバンク光から他社光コラボへ乗り換える場合には、ソフトバンク光から電話で事業者変更承諾番号を取得する必要があります。

※ソフトバンク光 重要事項説明書19ページ目より(https://cdn.softbank.jp/ybb/set/data/terms/pdf/attention-sbhikari.pdf

ソフトバンク光の窓口の電話番号・受付時間は次の通りです。

電話番号:0800-111-2009(通話料無料)
受付時間:午前10時~午後7時

そしてこちらも「事業者変更承諾番号がほしい」と伝えることで番号を貰えますが、やはり事業者変更事務手数料として3,000円(税抜)が請求されます。また、こちらも有効期限は発行日を含めて15日間です。

2−1−3.ビッグローブ光からの移行

続いてビッグローブ光から他社光コラボへ乗り換える場合には、ビッグローブ光から事業者変更承諾番号を取得する必要があります。

ビッグローブ光の窓口の電話番号・受付時間は次の通りです。

電話番号:0120-907-505(通話料無料)
受付時間:午前9時~午後9時[年中無休]

そしてこちらも「事業者変更承諾番号がほしい」と伝えることで番号を貰えますが、やはり事業者変更事務手数料として3,000円(税抜)が請求されます。

※ビッグローブサイトより(https://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/kaiyaku/bighikari-kaiyakuchuui.html

また、こちらも有効期限は発行日を含めて15日間です。

2−2.上記大手以外の事業者変更承諾番号の取得方法は?

次に大手以外の光コラボ事業者から事業者変更承諾番号を取得する場合の手続き方法についても見てみましょう。

光コラボには例えば@nifty光、ぷらら光、OCN光、So-net光など多々ありますが、基本はどれも「窓口に電話をして事業者変更承諾番号が欲しいと伝える」ことになります。

なお、各光コラボ事業者の電話番号と受付時間は次の通りです。

サービス名電話番号受付時間</th
@nifty光03-6625-3232

0570-03-2210

午前10時~午後7時

[年中無休]

ぷらら光・固定電話からの場合

009192-33

・ひかり電話からの場合

0120-971-391

・携帯電話からの場合

050-7560-0033

午前10時~午後7時

[年中無休]

OCN光0120-506506午前10時~午後7時

[日曜・祝日・年末年始を除く]

So-net光0120-45-2522午前10時~午後6時

[1/1、1/2及びメンテナンス日を除く]

そしてやはり手数料として3,000円(税抜)が掛かり、有効期限は発行日を含めて15日間となっています。各社番号と受付時間が決まっていますので、確認の上間違いがないようにしましょう。

中にはもっと小規模な光コラボ事業者から大手光コラボに事業者変更したいケースがあると思います。そんな時は下記窓口で事業者番号の取得方法を聞いてください。

◇インターネット相談窓口にお問い合わせ
あなたのインターネットの悩み事を解決します。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

3. 事業者変更承諾番号の取得に関する注意点

最後に事業者変更承諾番号の取得に関する注意点を見てみます。

3-1.事業者変更は番号を取得しただけでは手続きが完了しない

まず一つ目として、事業者変更が「乗り換え元から番号を取得しただけでは完了しない」ことに注意しましょう。事業者変更の手続きは「①乗り換え元から事業者変更承諾番号を取得」し、「②乗り換え先に事業者変更を申し込む」の2STEPが必要です。

先ほども述べましたが事業者変更承諾番号には有効期限があり、事業者変更承諾番号を取得しても乗り換え先に事業者変更を申し込まないでいると有効期限が切れてしまい、再発行の手続きが必要になります。そこで番号を取得しただけでは満足せず、事業者変更の申し込みまで期限内にしっかりと行うようにしましょう。

なお、事業者変更承諾番号は11桁で構成されていますが、その振り方には規則性があり、次のようになっています。

まず、左から1桁目がエリアを示し、Fが東日本でTが西日本となっています。そして2~5桁目が有効期限を示し、例えば0801であれば8月1日が有効期限ということになります。ちなみに6~11桁は事業者の発行番号になっています。

つまり2~5桁目を見れば有効期限が分かるということで、もし「事業者変更承諾番号の有効期限っていつまでだったっけ?」となった場合には、ここを確認するようにしましょう。

3-2.事業者変更には解約費用が掛かる

二つ目に、事業者変更承諾番号を所得して事業者変更した場合でも、「基本的に解約費用が掛かる」ことにも注意が必要です。事業者変更はあくまで「光コラボ間の乗り換え手続きが簡単になり、工事が不要になった」手続きで、解約にかかる費用が免除されるものではありません。

つまりこれまでと同様に、「解約違約金」や「工事費の残債」を請求されるということです。また、月額利用料も光コラボ事業者にはよりますが、日割りで計算されずに1か月間分の請求がされるところも多くあります。

解約金は数千円から多いところだと2万円前後掛かります。また工事費の残債も満額でだいたい2万円前後で、ここから支払った分が差し引かれた金額が請求されます。

なお、もし「工事費実質無料」のキャンペーンを利用して工事費の支払いが免除されている場合でも、契約期間内の途中解約であれば工事費の残債は発生します。つまり解約には多くの費用が発生するということです。

そこで注目したいのが「乗り換え費用負担キャンペーン」で、このキャンペーンの適用を受けると乗り換えにかかる解約違約金や工事費の残債を乗り換え先が負担してくれます。

光コラボの乗り換えを考える際には、この「乗り換え費用負担」のキャンペーンにも注目しましょう。

3-3.携帯割の適用が外れないか注意する

そして三つ目として、光コラボ乗り換えの際には「携帯割の適用が外れないか」注意しましょう。光回線サービスと携帯のセット割は、利用者にとってとてもお得なサービスです。

例えばドコモの携帯を利用している人は、ドコモ光を利用することで毎月最大1,000円×家族分の携帯月額料金の割引が受けられます。

※GMOとくとくBBサイトより(https://gmobb.jp/service/docomohikari/price/)

つまり適用を受けることで割引になる金額は、自分1人だけでも2年間で24,000円になり得るのです。もし月額利用料の安さやキャッシュバックキャンペーンの金額だけを見て、携帯割が外れてしまうことに気づかず光コラボの乗り換えをした場合、得をするはずだったのがかえって損をしてしまいかねません。

ですから乗り換えの際には必ず、自分のキャリアの携帯電話料金が割引になるのかを確認するようにしましょう。

3-4.悪徳営業に注意する

そして四つ目が「悪徳営業に注意する」です。こんなに簡単になった光コラボから別の光コラボへの移行手続き。

事業者変更が始まる前から加熱している光コラボへの勧誘の現状を考えると、今後事業者変更を利用して乗り換えを誘導する悪徳勧誘が増えていく恐れがあります。ですから「簡単に光コラボの変更が可能になったんですよ」などという電話勧誘には注意が必要です。

そしてここで一つポイントがあります。
それは、「事業者変更は契約者本人が行わなければならない」ということです。

また、他の人に委任するには委任状も必要です。つまり勧誘を行うときに一番簡単なのは、「電話で誘導して契約者本人が取得した事業者変更承諾番号を入手する」ことです。ですから光コラボの電話勧誘で、「事業者変更承諾番号を入手して教えてください」などといった言葉が出た時には危ないと考えるようにしましょう。

4.まとめ

以上事業者変更承諾番号について、事業者変更とは何かから光コラボ事業者ごとの事業者変更承諾番号の取得の仕方、そして事業者変更承諾番号取得の注意点について詳しく解説しました。事業者変更は述べた通り利用者によってとてもメリットのあるサービスです。

是非積極的に利用をして、今よりももっとお得な光コラボサービスに乗り換えましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です