人気記事

NURO光10G/20Gはおすすめできる?本当の回線速度をスピードテスト実測値で比較

ヒカリコンシェル編集部
nuro10ギガ画像

光回線を契約する上で重要となるのが「通信速度」です。

一般的な光回線が最大1Gbpsの光回線サービスを提供する中、驚異的ともいえる通信速度を提供するのが「NURO光10G/20G」です。

NURO光を提供するソニーネットワークコミュニケーションズは、都市部を中心に最大10Gbpsや最大20Gbpsといった超高速通信プランを提供しています。

ですが、これらの数値はあくまで技術上の最大値であるため、これほどの実測値が出ることはまずありません。

また、通信速度の上限が大きいことから月額料金も高額なので、必ずしも万人におすすめできるサービスともいい切れないのが実情です。

そこで本記事では、NURO光10G/20Gは果たして本当におすすめできるサービスであるかどうかを徹底的に検証していきます

実際の利用者からの口コミや評判についてもまとめているので、NURO光10G/20Gが気になっている人はぜひ最後までご覧ください。

インターネット回線についてお困りではありませんか

インターネットの速度に不満がある!zoomの繋がりが悪いなど、無料で質問やご相談にお答えさせて頂きます。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

1.NURO光10G/20Gとは?

まずは、NURO光10G/20Gに関するサービス概要から解説していきます。

1−1.NURO光10G/20Gの生い立ち

NURO光10G/20Gは、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供するNURO光の中の超高速通信が可能な料金プランです。

通常のNURO光は最大2Gbpsの速度でデータ通信が可能ですが、NURO光10G/20Gはそれぞれ、最大10Gbps20Gbpsの超高速通信に対応しています。

通信速度が速ければ速いほど大容量のデータ通信を超高速で行えるようになるので、負荷の重いオンラインゲームや高画質の動画データのやり取りも円滑に行えることが特徴です。

なお、運営元のソニーネットワークコミュニケーションズは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)の「So-net」を運営するために設立された会社です。

NURO光以外にもSo-netモバイルLTEnuroモバイルMANOMAというスマートホームサービスを運営しています。

以下、ソニーネットワークコミュニケーションズの沿革について簡単にまとめたので興味のある人はご参照ください。

 

ソニーネットワークコミュニケーションズの沿革
1995年
11月
ソニー、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニーファイナンスインターナショナルの共同出資でソニーコミュニケーションネットワークとして設立
1996年
1月
So-netとしてISP事業を開始
2006年
10月
ソニーコミュニケーションネットワークからソネットエンタテインメントに商号変更
2008年
2月
MVNO方式の高速モバイル通信「bitWarp(EM)」サービス開始
2013年
1月
ソニーの完全子会社化
2013年
4月
NURO光の提供を発表

2013年
7月

ソネットエンタテインメントからソネットに商号変更
2013年
12月
格安SIMサービス「0 SIM」を発表
2016年
3月
ソニーモバイルコミュニケーションズの完全子会社化
2016年
7月
ソネットからソニーネットワークコミュニケーションズに商号変更

1−2.超高速のヒミツは一般的な光回線とは異なる「PON」にある

フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光などは「GE-PON」と呼ばれる伝送規格を採用しています。

GE-PONは日本国内で主に採用されている伝送規格のことで、最大通信速度は約1.25Gbpsに対応しています。

一方、NURO光10G/20Gは「XGS-PON」、「XGS-PON」と呼ばれる超高速通信に対応した伝送規格を採用しています。

これらの伝送規格は最大10Gbpsの通信速度に対応しており、これまでの伝送規画に比べて8倍以上の数値となっています。

なお、NURO光20Gの「最大20Gbps」というのは通信局(OLT)から顧客宅に設定したONU間での通信速度です。

実際にパソコンやスマホ、ゲーム機で使う際には有線接続時で最大10Gbps、無線通信時で最大4.8Gbpsの通信速度となるので覚えておきましょう。

1−3.NURO光10G/20Gが利用できるエリアと住居タイプは限定的

NURO光10G/20Gが利用できるエリアは、料金プランによって異なります。

また、申し込みができる対象住居も異なるので、以下の一覧表で確認しておきましょう。

 

NURO光10G/20Gの利用可能エリア
料金プランNURO光10GsNURO光20Gs
対象エリア北海道
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)
東海(愛知、静岡)
関西(大阪、兵庫、奈良)
九州(福岡)
の一部エリア
東京都豊島区
港区
(一部地域を除く)
対象住居戸建て
5階建て以下のマンション
戸建て
5階建て以下のマンション

※2021年2月現在

上記のエリア内に住んでいて且つその地域でNURO光を使えることが申し込むための前提条件となります。

また、5階建てのマンションに導入することもできますが、その物件の管理者(管理会社または大家さん)から開通工事の許可を取得しなければなりません。

それらの手続きは申込者が自分で許可を取らなければならないので、集合住宅でNURO光10G/20Gを使うのにはハードルが高いと言えるでしょう。

2.NURO光10G/20Gの回線速度実測値

 

NURO光10G/20Gの回線速度
料金プランNURO光10GsNURO光20Gs
最大速度下り:最大10Gbps
上り:最大10Gbps
下り:最大20Gbps
上り:最大20Gbps
無線LANIEEE802.11 a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
無線速度1.7Gbps最大概ね4.8Gbps

※通信速度はベストエフォート方式のため、実際の通信環境によって実際の通信速度は変化します
※2021年2月現在

ただし、これらはあくまで技術上の最大値(ベストエフォート方式)なので、実測値としてこれらの通信速度が出ることはまずありえません。

そこで、NURO光10G/20Gの実測値についてTwitterから評判や口コミを集めてきたのでご覧ください。

なお、通信速度の目安としては以下の一覧表をご参照ください。

 

用途別通信速度の目安
Webサイトの閲覧
メール・LINE受信
1Mbps
LINEビデオ通話
YouTube動画視聴(720p)
3Mbps
YouTube動画視聴(1080p)5Mbps
4K動画視聴
オンラインゲームプレイ
25Mbps

↓下り3476Mbps、上り708.34Mbps

↓下り2045Mbps、上り919Mbps

↓下り2820Mbps、上り3391Mbps

通信速度に関する評判を調査した結果、NURO光20Gについては登場したばかりの新しいプランであるためか、実際の利用者からの口コミは見受けられませんでした。

一方のNURO光10Gでは、通常の光回線の最大値1Gbpsを大幅に超える通信速度が出ていることがわかります。

ただし、プラン名についているほどの通信速度は出ておらず、速くても3Gbps前後の速度に留まっているようです。

一般的な光回線と比べればそれでも十分すぎるほどの通信速度ではありますが、「最大10Gbps」という速度に惹かれて契約した人にとっては残念な結果と言えそうです。

3.NURO光10G/20Gの料金プラン

 

NURO光10G/20Gの月額料金
料金プランNURO光10GsNURO光20Gs
月額料金1か月目:無料
2〜3か月目:500円(税込550円)
4か月目以降:5,743円(税込6,317円)
7,743円(税込8,517円)
事務手数料無料3,000円(税込3,300円)
開通工事費60,000円(税込66,000円)
(1,000円(税込1,100円)×60回)
60,000円(税込66,000円)
(1,000円(税込1,100円)×60回)
工事費割引-1,000円(税込-1,100円)×60回-1,000円(税込-1,100円)×60回
契約期間3年間なし
違約金20,000円(税込22,000円)なし
利用できるエリア北海道、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)、
東海(愛知、静岡)、関西(大阪、兵庫、奈良)、
九州(福岡)
の一部エリア
東京都豊島区、港区
(一部地域を除く)

※NURO光公式サイトのキャンペーンを適用した場合における税込金額です
※2021年2月現在

NURO光公式サイトで申し込むと、NURO光10Gsは初月無料、2〜3か月はたったの500円(税込550円)で利用できます。

また、60,000円(税込66,000円)もの高額な開通工事費も割引特典によって60か月利用し続ければ実質0円となります。

一方のNURO光20Gsは契約期間や違約金による縛りが一切なく、開通工事費の負担もありません。

ただし、月額料金が非常に高額になる点や、利用できるエリアがごく一部の地域に限られていることが欠点です。

3−1.他の光回線の10Gbpsプランとの料金比較

2021年2月現在では、他の光回線においても最大10Gbpsの料金プランが登場しています。

ここでNURO光10Gと主要な光回線との料金比較を見ていきましょう。

 

NURO光10Gと他社光回線の料金比較
光回線月額料金契約期間解約金
NURO光10Gs1か月目:無料
2〜3か月目:500円(税込550円)
4か月目以降:5,743円(税込6,317円)
3年間20,000円(税込22,000円)
ドコモ光10ギガ6,300円(税込6,930円)
※タイプA
2年間13,000円(税込14,300円)
auひかり10ギガホーム1年目:5,880円(税込6,468円)
2年目:5,780円(税込6,358円)
3年目:5,680円(税込6,248円)
4年目以降:6,180円(税込6,798円)
3年間15,000円(税込16,500円)
ソフトバンク光ファミリー・10ギガ2年目まで:5,200円(税込5,720円)
3年目以降:6,800円(税込7,480円)
2年間9,500円(税込10,450円)
フレッツ光クロス(NTT東日本)1〜30か月:5,100円(税込5,610円)+プロバイダ利用料
31か月目以降:6,300円(税込6,930円)+プロバイダ利用料
なしなし
フレッツ光クロス(NTT西日本)5,200円(税込5,720円)+プロバイダ利用料2年間10,000円(税込11,000円)

※上記はすべて税込金額です
※2021年2月現在

他社の10Gbps対応プランと比較すると、NURO光10Gは圧倒的に月額料金が安いことがわかります。

ただし、契約期間は3年間で違約金が高めに設定されている点には注意が必要です。

4.NURO光10G/20Gの評判

ここまでNURO光10G/20Gのサービス詳細について解説してきました。

この項目ではNURO光10G/20Gの利用者からの評判口コミをご紹介します。

4−1.NURO光10G/20Gの良い評判

まずは、NURO光10G/20Gの良い評判から見ていきましょう。

NURO光10G/20Gに関する良い評判としては、やはり高速通信ができるようになったという声が多く見られました。

また、通常のNURO光では宅内と宅外で2回の開通工事を行う必要がありますが、10Gsプランの場合は一度の工事で済むようです。

開通工事には契約者の立ち会いが必要なので、一度の開通工事で済むのは利用者にとって大変嬉しいポイントと言えます。

4−2.NURO光10G/20Gの悪い評判

続いて、NURO光10G/20Gの悪い評判について見ていきます。

NURO光10G/20Gの悪い評判はいくつかありますが、超高速プランに対応した独自開発のONUが最大1Gbpsまでしか対応していないケースがあり、10Gプランに申し込んでもその速度が活かせない場合があるようです。

その場合はソニーネットワークコミュニケーションズに問い合わせをすることでONUを交換してもらえる場合がありますが、機種は指定できないのでやや博打的な側面があります。

また、利用できるエリアが限定的で対象の住居タイプによる制限で申し込めない人も一定数います。

今後、利用できるエリアが拡大していくことは期待できますが、対象の住居タイプは変わらないことが予想できるので、どうしてもNURO光10G/20Gを使いたい人は引っ越しを視野に入れなければなりません。

さらに、一部の利用者からは半年間も待って開通したのに通信速度がまったく速くなっていないという人もいます。

光回線は実際に使ってみないと通信速度はわからないので、高い工事費と月額料金を支払っているのに大した速度が出なかったというケースも起こりえます。

そのため、基本的には月額料金重視で通常の光回線サービスへの申し込みを検討し、どうしても通信速度にこだわりたい人だけ念入りにサポートに確認をとった上で申し込むようにしましょう。

インターネット回線についてお困りではありませんか

インターネットの速度に不満がある!zoomの繋がりが悪いなど、無料で質問やご相談にお答えさせて頂きます。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

5.プロが選ぶおすすめ回線

NURO光10G/20Gは、利用できるエリアが限定的であることが欠点と言えます。

お住いの地域でNURO光10Gが利用できない場合は、仕方がないので他の光回線を検討しましょう。

この項目では、月額料金重視でおすすめの光回線について解説していきます。

月額料金重視で選ぶ際に重要なのが「スマホとのセット割」となるので、スマホのキャリアごとにおすすめの光回線をご紹介します。

5−1.ドコモスマホ:ドコモ光

ドコモスマホユーザーにおすすめの光回線は「ドコモ光」です。

ドコモ光はフレッツ回線を流用する「光コラボレーション」のうちのひとつです。

ドコモスマホとセットで利用すると、毎月のスマホ代が最大1,000円(税込1,100円)安くなるドコモ光セット割」が適用されます。

通常、セット割を適用するためには月額500円(税込550円)の光電話への加入が必須ですが、ドコモ光の場合にはそれがありません。

そのため、セット割による恩恵を最大まで活かせることが特徴です。

さらに、ドコモスマホやドコモ光の利用料金をdカードGOLDで支払うことで毎月自動的にdポイントが貯まっていく点も見逃せません。

ドコモユーザーが恩恵を受けられる光回線は他にないので、光回線選びで迷ったときはドコモ光を選ぶことをおすすめします。

5−2.auスマホ:auひかり

auスマホユーザーにおすすめの光回線は「auひかり」です。

auひかりはKDDIの独自敷設する光ファイバーを利用する光回線です。

通常の光コラボレーションとは異なり、必ず開通工事が必要になる点は欠点と言えますが、フレッツ回線に比べて利用者が少なく快適に通信ができることが特徴です。

auスマホとauひかりを組み合わせることでセット割の「auスマートバリュー」で最大1,000円(税込1,100円)の割引が適用されるので、毎月のスマホ代を節約しつつ快適にインターネットを使えるようになります。

また、auスマホとauひかりの利用料金に応じて「Pontaポイント」が貯まっていくので、auサービスの料金支払いはもちろん、ネットショッピングやコンテンツの購入代金として使えるのも魅力的です。

auスマートバリューだけを考慮するなら他の光回線でも適用可能ですが、それ以外の特典が使えるのはauひかりだけなので、ぜひともお申し込みをご検討ください。

5−3.ソフトバンクスマホ:NURO光G2V

ソフトバンクスマホを使っている人におすすめなのは「NURO光G2V」です。

いわゆるNURO光の通常プランのことで、他の光回線とは異なり最大2Gbpsの通信速度でインターネットが使えます。

NURO光の運営元はソニーネットワークコミュニケーションズですが、ソフトバンクスマホと併用することでセット割の「おうち割光セット」が適用可能となります。

光回線としての月額料金はソフトバンク光よりも安いので、料金を節約しながら高速通信が利用できるNURO光を選ぶことをおすすめします。

ただし、NURO光G2Vが利用できるエリアはソフトバンク光に比べてかなり狭めなので、NURO光10G/20Gに加えてG2Vも対応していない地域にお住まいの人はソフトバンク光を選ぶのが良いでしょう。

5−4.ワイモバイル:ソフトバンク光

最後に、ワイモバイルユーザーにおすすめの光回線は「ソフトバンク光」です。

その理由は、ワイモバイルとの組み合わせでセット割「おうち割光セット(A)」が適用となるのはソフトバンク光だけだからです。

ブランドとしてはソフトバンクとワイモバイルは別々ですが、運営元は同じソフトバンクグループです。

そのため、ワイモバイルスマホとソフトバンク光の利用料金を合算して支払うことができ、Yahooカードで支払いをすればTポイントを貯められるので非常にお得です。

スマホのキャリアがワイモバイルで光回線選びに迷ったときは、同じグループのソフトバンク光をお選びください。

6.まとめ

本記事では、NURO光10G/20Gのサービス詳細について解説してきました。

最大10Gbps/最大20Gbpsといった驚異的な速度に対応した料金プランですが、これらはあくまで技術上の最大値なので実測値がここまで出ることはありません。

通常の料金プランに比べて月額料金が高めに設定されていますが、実際の通信速度はそこまで変わらないといったケースも多いので、基本的にはこれらのプランに申し込む必要はないといえるでしょう。

どうしても通信速度にこだわりたい!という人には向いていますが、そこまで強いこだわりがない人は本記事の後半でご紹介したおすすめ光回線を参考にしながら、ご自身にピッタリの光回線を選んでみてください。

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?

2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。

「NTTかと思って契約したら違う会社だった」

「絶対に変えないといけないような勧誘だった」

「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」

などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。

もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

ほかの記事

OTHER POSTS

WHAT IS HIKARICONCIER

ヒカリコンシェルとは、
インターネット回線や
Wi-Fi環境を
顧客目線で案内するメディアです。

background_about-image

SOCIAL MEDIA

SNSでも情報を
発信しています

Facebook