auひかり

auひかりマンションVDSLが遅い時の5つの対処法

auひかりマンション画像
ヒカリコンシェル編集部
ヒカリコンシェル編集部
ヒカリコンシェル編集部です。

auひかりマンションで使っている方の中には、思うような速度が出なくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

集合住宅の場合は、ひとつの回線を同じマンションのユーザーと共有することになるので、利用が重なったときなどは、どうしても速度が落ちてしまいます。

さらに、auひかりのマンションタイプにはいくつかのプランがあり、特にVDSLという方式の場合は、そもそもの最大速度が遅いので、ストレスを感じるかもしれません。

この記事ではauひかりでVDSL方式のプランを使っている方に向けて、「VDSL方式はなぜ遅いのか」を説明し、さらに「VDSLが遅いときの対処法」をお伝えします。

1.auひかりのマンションタイプとは

auひかり画像

まずはauひかりのプランをチェックしておきましょう。

特にマンションタイプにはたくさんの種類があるので、自分がどのプランに入っているのか、改めて確認してみてください。

auひかりは基本的に、マンションの回線の設備によって入れるプランが決まります

自分が好きなプランを選べるわけではありません。

auひかり マンションタイプの料金プラン
タイプ方式最大速度(下り/上り)料金
タイプGVDSL664Mbps/166Mbps16契約以上:3,800円
8契約以上:4,100円
タイプVVDSL100Mbps/100Mbps

※一部マンションでは
70Mbps/30Mbps

16契約以上:3,800円
8契約以上:4,100円
都市機構VDSL70Mbps/30Mbps3,800円
都市機構GVDSL664Mbps/166Mbps

※一部マンションでは
100Mbps/100Mbps

3,800円
タイプEイーサ100Mbps/100Mbps16契約以上:3,400円
8契約以上:3,700円
タイプF光ファイバー100Mbps/100Mbps3,900円
ギガ光ファイバー1Gbps/1Gbps4,050円
ミニギガ光ファイバー1Gbps/1Gbps5,000円

※料金は2年契約の「マンションお得プラン」の場合

参考までに戸建のプランも確認しておきますね。

auひかり 戸建てタイプの料金プラン
ずっとギガ得
(3年契約)
ギガ得
(2年契約)
契約期間なし10ギガプラン
(3年契約)
1年目5,100円5,200円6,300円5,880円
2年目5,000円5,780円
3年目4,900円5,680円
auひかりが遅いです!マンションだからかな?
ヒカリコンシェル編集部
ヒカリコンシェル編集部
auひかりのマンションプランには速度が出にくい接続方式があります。今回はそんなauひかりマンションの速度が遅い時の対処法を解説していくよ。

1-1.auひかりのマンション接続方式は3種類ある

マンションプランはマンションの種類接続の方式によって分かれています。

マンションの共用部分から各戸(部屋)にどのような方式で繋がっているか」がポイントになり、その接続方式は回線の速度に大きく影響します。

auひかりには以下の3つの接続方式があります。

  • VDSL方式…すでにマンションに備わっている電話線を使う方式
  • イーサネット方式…棟内にあるLAN(イーサネット)を使う方式
  • 光ファイバー方式…光ファイバーでそのまま各戸まで繋ぐ方式

1-2.VDSLは最も速度が出にくい接続方式

VDSL

画像出典:フレッツ光公式|NTT西日本

3種類のマンションの接続方式のうち、VDSL方式は最も速度が出にくい方式と言われています。

一番理想的なのは、光回線をそのまま各戸まで届ける光ファイバー方式でしょう。

しかし、光ファイバーの設備が整っていないマンションは、今でも多くあります。

例えば、築20年を超えるようなマンションが建設された頃には、光回線を各戸に繋ぐことなどは想定していませんでした。

そのため、各戸に光ファイバーを通しているマンションはありませんでした。

その後、光ファイバーによる通信が一般家庭でも使われるようになり、今ある設備の電話回線を使って、各戸に光回線を届けようとVDSLが利用されるようになったのです。

つまり、今となってはVDSLは、光ファイバー方式が使えないマンションの代替法なのです。

VDSLが光ファイバー方式よりも速度が出ないのは、無理もない話です。

VDSLの回線速度は最大速度も100Mbps程度に設定されており、実際はさらに遅くなることが予想されます。

1-3.auひかりVDSL方式を使っているみんなの口コミ

実際にauひかりのVDSL方式を使っている人の口コミをみてみましょう。

VDSL方式を使っているユーザーの声は大きく2つに分けられます。

最大速度は100Mbpsでも安定しているなら妥協できるかな」

という声と、

他社回線を含めて高速回線がうらやましいなー」

という意見。

全体的な傾向として「VDSLは速度が出ないことは織り込み済みなので、受け入れて使っている」人が多ように思えます。

最初から期待されていない回線というのも悲しいものですね。

また、特に上りのスピードが遅いという声が多く見られました。

動画をアップロードしたりデータのやり取りをする際に、上りのスピードが遅いのは不便です。

2.マンションVDSLが遅い時の5つの対処法

自宅のマンションの設備によって、VDSLを使わざるを得ない人はたくさんいると思います。

VDSLが遅い!と感じたときに、できる改善策はあるのでしょうか。

設備的に限界がありますが、まずは速度が改善するかもしれない、ユーザーができる対処方法をお伝えします。

それでも改善がみられない場合は、根本的な解決手段も検討していかなければいけません。

よく確認してみたらvdsl方式だったみたいです。どうしたら速くなりますか!
ヒカリコンシェル編集部
ヒカリコンシェル編集部
ここからはマンションvdsl方式の対処法を解説していきます!

2-1.ホームゲートウェイや周辺機器の確認

これはVDSL方式に関わらず、光回線が遅いと感じたときに、よく試される対処方法です。

回線を使う側が手軽に試せる方法なので、いちばん最初に試してみることをおすすめします。

ホームゲートウェイウェイの再起動

モデムの接続方法

画像出典:モデムの接続方法(auひかり マンションコース VDSLモデム内蔵ホームゲートウェイ[BL902HW]をご利用の方) | インターネット接続設定:auひかり(ホーム・マンションミニ・マンション)ご利用の方 | au

auひかりでVDSL接続をしている人は、auからホームゲートウェイという白い機器がレンタルされていると思います。

この機器は電話回線のアナログ信号とデジタル信号を交換するためのもので、WiFiルーターの機能もあります。

まずはこちらの機器を再起動してみてください。

それだけで速度が改善することがあります。

5GHz帯を試してみる

WiFi機能を使って通信を行っている場合は、電波帯域を変更してみるのもひとつの対処方法です。

最近の家庭用のWiFiルーターでは、2.4Ghz帯5GHz帯が選べるものが多いです。

5Ghz帯の方が電波が空いていて、干渉しにくく、高速回線な通信ができると言われています。

レンタルされているホームゲートウェイが5Ghz帯の接続に対応しているのであれば、設定を変更するだけでOK。

もし対応していない場合は、ルータは一台は持っておいて損はないので、5Ghz帯対応のルーターを別途購入してみてもいいですね。

https://twitter.com/hiderin_s_2010/status/95504748389321113

有線接続をしてみる

パソコンをWiFiで使っている場合は、有線接続を試してみるのもおすすめ。

一般的に無線よりも有線の方が速度が速くなります。

2-2.auサポートへの相談

ホームゲートウェイや周辺機器の設定を見直しても速度が改善されない場合、まずはauのサポートに相談をしてみてください。

速度が出にくいとは言え、少しでも改善する方法を教えてくれるかもしれません。

サポートへの問い合わせはメッセージ電話メールで行うことができます。

メッセージ

メッセージでお問い合わせ

画像出典:メッセージでお問い合わせ | サポート | au

+メッセージMy auメッセージLINEで問い合わせができます。

電話

TEL:0077-7076(無料)
年中無休、9:00〜23:00

2-3.プロバイダの変更

auひかりでは7社の中から好きなプロバイダを選ぶことができます。

プロバイダサービス一覧

画像出典:プロバイダサービス一覧 | auひかり マンション:インターネット回線 | au

プロバイダの違いによって、回線の速度が大きく変わることは「基本的には」ありません。

しかし、自分の地域の混み具合によっては、プロバイダを乗り換えることで速度が速くなることがあります

しかし、注意したいのが、auひかりは最初に選んだプロバイダを変更することができないこと。

auひかりを使い続けながら、プロバイダだけを変えるためには、一度、auひかりを解約する必要があります。

手間がかかるので、あまりオススメできる方法ではありませんが、どうしてもauひかりを使い続けたい場合は、考えてもいいかもしれません。

2-4.大家さんへの相談

auひかりをマンションで使う場合は、自分で好きなプランを選ぶことができず、使えるプランを使うしかありません。

もしできるのなら、大家さんに現状を伝えて、相談をしてみるのもいいでしょう。

いきなり「遅いので何とかしてください」と持ちかけても、対応してもらえないと思います。

  • 現状はVDSL方式しか選べず、特に夜など、みんなが使う時間帯は遅い
  • auひかりには各戸に直接光回線を届けることができる光ファイバー方式がある
  • 光ファイバー方式にすれば、他の入居者の満足度も上がって、マンション自体の価値を上げることにもつながる

以上のように、現状の課題と解決策の提案マンションとしてのメリットも伝えるのが良いでしょう。

しかし、既にある建物に光ファイバー方式を導入するのは、そんなに簡単なことではありません。

大家さんも簡単にOKとは言ってくれないと思いますので、別の提案を用意しておきましょう。

それが「戸建プランの契約をしてもいいか」というて提案です。

2-5.auホームタイプへの変更を検討

auひかり

画像出典:インターネット回線 | au

auひかりはマンションであっても、条件によっては戸建のプランを契約することができます

  • マンションが3階建て以下であること
  • 大家さんや管理会社の許可が得られること

この2つが条件です。

マンションでホームタイプを契約すると、電柱から直接、自部屋に光回線を引き込むことができます。

工事内容

画像出典:工事内容 | auひかり ホーム1ギガ:インターネット回線 | au

VDSLのように電話回線を経由せず、また、光回線を自分ひとりで独占することができます。

最大速度も100Mbpsから1Gbpsへと10倍にアップ

全く別の光回線を契約するくらい、大きな改善が期待できるでしょう。

ただし、ホームタイプの場合、マンションタイプよりも毎月の支払い料金が高くなるので、確認をしておきましょう。

3.それでも遅いときは乗り換えも検討してみては

いろいろ試して、また別の契約も検討したけど、もうauひかりのVDSL方式に耐えられない!という人は、他社回線への乗り換えも検討してみてください。

3-1.auひかりから他社の光回線に乗り換える

この記事の読者のマンションは、auひかりにしか対応していないと思われます。

そのため、他社回線に乗り換える場合でも、基本的に戸建のプランか、マンションの一室に引き込めるプランから選ぶことになります。

NTTフレッツ光の回線を使った光コラボレーションや、NURO光といった電力系の会社のサービスがおすすめです。

ヒカリコンシェルでは光回線を選ぶ際のインターネット相談を無料で行っています

もし、他社の光回線への乗り換えを検討している場合は、気軽にご相談ください。

◇インターネット相談窓口にお問い合わせ
あなたのインターネットの悩み事を解決します。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

3-2.WiMAXなど工事が要らない無線ルーターを契約する

工事が要らないサービスを、固定回線代わりに使うのも一つの方法です。

特にWiMAXは、下りの最大速度が1Gbpsを超える、据え置き型のルーターを選ぶことができます。

据え置き型のルーター

画像出典:Speed Wi-Fi HOME L02│UQ WiMAX(ルーター)|【公式】UQコミュニケーションズ

条件によっては、光回線のVDSL接続よりも高速な通信ができるかもしれません。

4.まとめ

auひかりVDSL方式を使っている場合、現状のままでは速度を大きく改善する方法は、残念ながらありません。

まずは自分でできる機器の再起動などを試してみて、それでもダメならば、ホームタイプへの乗り換え他社回線への乗り換えも検討すべきでしょう。

この記事を参考に、auひかりのVDSL接続のユーザーが、快適にストレスなく通信ができるようになることを願っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です