人気記事

光コラボレーションとは?|ソフトバンク光やドコモ光など、光回線の仕組みをご紹介

ヒカリコンシェル編集部
光コラボとは画像

新規にインターネット回線を契約、もしくは別業者へ乗り換えようとサービスを調べている際、頻繁に光コラボレーションという言葉を目にしませんか?

光コラボレーションは光コラボと略されることが多く、プロバイダーのホームページでは当たり前のように使用されている言葉です。

しかし、光コラボがどういったサービスであるのか、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?

インターネット回線の特徴を知りたい方向けに、本記事では光コラボについて、以下の内容を解説します。

  • 光コラボの特徴
  • 代表的な光コラボ回線
  • 光コラボを利用するメリット・デメリット
  • 光コラボで起こり得るトラブル

本記事を参考に光コラボの詳細を把握した上で、インターネット回線のプロバイダーも決定するようにしましょう。

インターネット回線でお困りではありませんか?

最適なインターネット回線を教えてほしい!インターネットの速度に不満がある!最速でネットを使いたい方、無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

1.光コラボレーション回線とは?

光コラボとは、NTTが提供しているフレッツ光のインターネット回線をプロバイダーが借り、光回線とプロバイダー独自の特典などを付けて提供されるサービスのことを言います。

例として、下記画像をご覧ください。

光コラボレーション回線とは?

画像出典:NTT西日本

フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本が持つ光回線ですが、利用者へ回線を提供するのはプロバイダーです。

つまり、契約はNTT東日本・西日本ではなく、プロバイダーと行います。

では、プロバイダーと契約することで利用者にどのようなメリットがあるのかと言うと、複数の業者と契約せずに済むことが挙げられます。

例えば、光コラボのようなプロバイダーが提供する光回線ではなく、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光を利用する場合、代理店のプロバイダーを通して契約するケースがほとんどです。

よって、インターネット回線のトラブルはフレッツ光の提供元であるNTT東日本・西日本、契約関連はプロバイダーというように、問い合わせ窓口が複数となります。

しかし、光コラボはNTT東日本・西日本の光回線を借りているものの、提供元はプロバイダーとなるので、契約関連も含めて問い合わせ窓口はプロバイダーに統一されます。

光コラボ

画像出典:NTT東日本

上記画像のように、1つの業者が1つにまとめてサービスを提供するイメージで、問い合わせ時の利用者の負担も軽減されるのが光コラボの大きな特徴です。

2.代表的な光コラボ回線

インターネット回線を契約する際、人気や知名度のあるプロバイダーを比較する方は多いですが、光コラボを提供しているプロバイダーは多種多様です。

2020年9月9日時点で、NTT西日本の光回線を利用し、光コラボを提供しているプロバイダー数は578社となっています。

光コラボ提供プロバイダー数

画像出典:NTT西日本

しかし、これだけ数が多いと、どのプロバイダーを比較すればよいか分からなくなりますよね。

そのような方向けに、ここでは光コラボを提供している代表的なプロバイダーをご紹介します。

2-1.ドコモ光

ドコモ光

画像出典:ドコモ光

 

ドコモ光の基本情報
対応エリア全国
戸建て月額料金5,200円
マンション月額料金4,000円
IPv6対応

ドコモ光はその名の通り、携帯キャリアでお馴染みのdocomoが提供する光回線です。

インターネット回線の速度の速さに定評があり、また対応エリアは少ないですが、2020年4月には超高速通信を可能にした「10ギガプラン」が解禁されました。

メリットデメリット公開さらに、ドコモのスマホ割を適用できるのはドコモ光だけで、家族全員のスマホの月額料金が毎月最大で1,000円OFFになるキャンペーンも実施しています。

ドコモのスマホユーザーであれば、特におすすめしたい光コラボと言えます。

2-2.ソフトバンク光

ソフトバンク光

画像出典:ソフトバンク光

 

ソフトバンク光の基本情報
対応エリア全国
戸建て月額料金5,200円
マンション月額料金3,800円
IPv6対応
(467円/月)

ソフトバンク光はドコモ光と同様に、大手キャリアであるソフトバンクが提供する光回線です。

また、ドコモ光と同じくスマホ料金が安くなる「おうち割」があり、ソフトバンクやワイモバイルの月額料金が最大で1,000円OFFになります。

ただし、インターネット回線の混雑を緩和できるIPv6に対応したルーター「ソフトバンクBB」のレンタルには月額467円の料金が必要となるので、ご注意ください。

なお、IPv6の詳細をもっと知りたい方は、下記記事をご覧ください。

2-3.So-net光プラス

So-net光プラス

画像出典:So-net光プラス

 

So-net光プラスの基本情報
対応エリア全国
戸建て月額料金5,580円
マンション月額料金4,480円
IPv6対応

So-net光プラスとは、So-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ)が提供する光回線です。

注目すべきは、インターネット回線の月額料金です。

表に記載の料金は契約してから3年目までの月額料金となっており、他のプロバイダーと比較しても割高となっています。

しかし、契約してから2年間は月額料金が戸建てタイプで3,480円、マンションタイプで2,480円となります。

長期的ではなく短期的な契約であれば、非常にお得な光コラボと言えるでしょう。

また、auスマホユーザーに適用される「auスマートバリュー」を利用すれば、家族全員のスマホ料金が毎月1,000円安くなります

さらに、ソフトバンク光では有料であったIPv6対応ルーターも永年無料でレンタルできるので、速度の評判も非常に良い光コラボです。

関連記事:(前回執筆させて頂いたSo-net光プラスの記事の内部リンク)

当サイトがおすすめする代表的な光コラボは以上となります。

簡単にご紹介しましたが、光コラボには様々な特徴があり、比較ポイントも多種多様です。

もし、自分に合った光コラボサービスを知りたいという方は、下記インターネット相談窓口の利用を検討してみてください。無料でお悩みにお答えします。

インターネット回線でお困りではありませんか?

最適なインターネット回線を教えてほしい!インターネットの速度に不満がある!最速でネットを使いたい方、無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

3.光コラボ回線のメリットデメリット

光コラボ回線には先述の通り、問い合わせ窓口を1つに統一できるという大きな特徴がありますが、他にもメリットは存在します。

もちろん、逆にデメリットも存在するので、ここでは光コラボ回線を利用するメリットとデメリットをご紹介していきます。

3-1.プロバイダーの独自特典を受けられる

「2.代表的な光コラボ回線」の章でもご紹介しました通り、プロバイダーによってはキャッシュバックキャンペーンスマホ月額利用料の割引など、独自特典サービスをつけている業者が多いです。

例としては、下記のような特典が挙げられます。

  • 初期工事費無料
  • 現金キャッシュバック
  • スマホ料金割引
  • インターネット月額利用料金割引
  • Wi-Fiルーター貸し出し永年無料
  • 他社サービス解約違約金補填

光コラボのプロバイダーは同じNTT東日本・西日本の光回線を利用しているので、サービスと特典内容で差別化を図ろうとします。

プロバイダーによってサービスは大きく異なるので、選定する際は月額料金の安さや特典内容の比較などが重要なポイントとなります。

3-2.光コラボ同士の乗り換えは工事不要

プロバイダーを変更する際、「工事が面倒そう」というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

しかし、光コラボ業者から光コラボ業者への乗り換えの場合、事業者変更の手続きを行うことで、工事不要で乗り換えが可能です。

光コラボ同士の乗り換え

画像出典:NTT西日本|事業者変更とは

事業者変更には、主に下記のようなメリットがあります。

  • 工事料金が不要
  • 工事不要で立ち会いなし
  • 電話番号をそのまま引き継げる

ただし、サービスのタイプ変更や移転を伴う場合、工事が発生するケースもあるので、ご注意ください。

3-3.速度が遅くなる可能性もある

光コラボはNTT東日本・西日本の光回線を利用するが故に、速度はどのプロバイダーも変わらないと思っている方もいるでしょう。

しかし、プロバイダーによって回線の速度は異なります。

例えば、先述しましたインターネット回線の混雑を防ぐIPv6の技術を利用できないプロバイダーも存在するので、速度重視の方はIPv6の利用可否を必ずチェックしましょう

IPv6に対応したおすすめのプロバイダーは下記記事でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

光コラボ回線で起こりがちなトラブル

光コラボはフレッツ光よりも月額料金が安くなるケースも多く、またプロバイダーごとに特典が付いているので、非常にお得なサービスです。

しかし、中には光コラボ回線で起こりがちなトラブルも存在するので、契約を考えている方は必ずチェックしておきましょう。

4-1.勧誘を行う業者がある

光コラボを提供する業者はNTT西日本の光回線だけでも500以上存在しますが、中には悪質な業者もいます。

例えば、「フレッツ光から光コラボへの乗り換えで月額料金が安くなる」と電話で勧誘する業者も少なくありません。

ネット上にも、「光コラボのプロバイダーから勧誘があった」という口コミが多数挙がっていました。

電話で光コラボへの転用を勧められたら、基本的に断ることをおすすめします。

4-2.フレッツ光のポイントや特典が失効する

NTT西日本が2020年9月に行った調査によると、光コラボの契約数が600万回線を突破したそうです。

光コラボ提供プロバイダー数

画像出典:NTT西日本

年々需要は高まってきており、フレッツ光から月額料金がお得になる光コラボへ転用する人も多くなっています。

しかし、フレッツ光からの転用時に注意が必要なのが、ポイントや特典が消失してしまう点です。

光回線は同じでも、契約する業者が変更となるので、フレッツ光のポイントや特典は引き継げません。

転用後に消失したと気付かないよう、ポイントや特典は転用前に必ず利用しておきましょう。

5.まとめ

フレッツ光より月額料金が安くなったり、お得な特典を受けられる光回線サービスが光コラボです。

ますます人気を高めている光回線で、提供プロバイダー、利用者ともに年々増加しています。

各プロバイダーも様々な料金体系やサービスで光コラボを提供しているので、契約する上では様々な選定ポイントがあり、少々複雑となっています。

もし、各プロバイダーのサービスの特徴が分からないという方は、当サイトのインターネット相談窓口のご利用を検討してみてくださいね。

様々な相談に乗ってきたプロが、無料であなたの疑問にもお答えします。

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?

2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。

「NTTかと思って契約したら違う会社だった」

「絶対に変えないといけないような勧誘だった」

「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」

などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。

もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

ほかの記事

OTHER POSTS

WHAT IS HIKARICONCIER

ヒカリコンシェルとは、
インターネット回線や
Wi-Fi環境を
顧客目線で案内するメディアです。

background_about-image

SOCIAL MEDIA

SNSでも情報を
発信しています

Facebook