転用戻しとは?光コラボからフレッツ光に戻す方法を探ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転用戻し

電話や訪問勧誘によってフレッツ光から光コラボに転用されてしまった場合、どうにかしてフレッツ光に戻りたいと思いますよね。光コラボからフレッツ光に戻る、いわゆる転用戻しはこれまでたくさんの時間と手間、そして費用が掛かったのですが、2019年7月より「事業者変更」ができるようになりとても簡単になりました。

ここではそんな転用戻しの方法を解説します。光コラボからフレッツ光に戻りたいと考えている人は参考にしてくださいね。

1.転用戻しとは

まずは転用戻しとはなにかから確認してみましょう。そして転用戻しを知るためにはまず転用を理解しなければなりません。転用とは、フレッツ光を利用している人が光コラボレーション(以下、光コラボ)へ乗り換えることを指します。

フレッツ光から他社の光回線に移行する手続きは「乗り換え」扱いになります。しかし、光コラボは他社がフレッツ光の回線を借りてサービスを提供しているので、フレッツ光から移行すると回線を入れ替える必要がないため転用扱いになります。

要約すると、フレッツ光から光コラボへの乗り換えが転用に当てはまるわけです。

※画像引用元:https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ocnhikari/tenyo.html
※フレッツ光からOCN光へ転用するイメージ。

そして転用戻しとは、フレッツ光から光コラボに転用(乗り換え)した契約を、もう一度フレッツ光に戻すことを言います。これまでこの転用戻しはとても大変でした。

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは「転用承諾番号」を取得し、それをもって光コラボ事業者に申し込むことで、「ID」や「ひかり電話番号」が変わることなく工事不要で契約先の変更が可能ですが、光コラボからフレッツ光への転用戻しは、一度光コラボを解約して開通工事を伴うフレッツ光の再契約を結ばなければならなかったのです。

つまり解約の手続きと新規契約の手続き、そして開通工事の日時調整や工事の立ち合いなど、たくさんの時間と手間が掛かったのです。しかし2019年7月1日より、事業者変更(再転用)が可能になり、光コラボからフレッツ光への乗り換えは、「事業者変更承諾番号」を取得すれば転用のように簡単に乗り換えることができるようになったのです。

※画像引用元:https://flets.com/app10/kaiji/

つまり、以前は転用戻しが大変だったが、事業者変更が可能になって現在は簡単にフレッツ光に戻すことができるようになったということです。

2. 一度光コラボに転用した後、フレッツ光に戻す方法

では簡単になったフレッツ光に戻す方法を見てみましょう。光コラボからフレッツ光に戻すことも、「事業者変更」で行えます。事業者変更の手続きは2ステップに分かれています。

STEP1 事業者変更承諾番号の取得

契約している光コラボ事業者から事業者変更承諾番号を取得します。取得方法は事業者によって異なりますが、今のところほぼ電話で連絡をする形になっています。自分の契約している光コラボ事業者の連絡先を確認し、電話で番号を取得したい旨を伝えましょう。

STEP2 NTTへ事業者変更を申し込み

住んでいるエリアをもとに該当するNTTへ事業者変更を申し込み、取得した事業者変更承諾番号を伝えます。事業者変更承諾番号には有効期限があり、発行日を含めて15日間となっていますので、この点を踏まえて早めに手続きをするようにしましょう。これで事業者側の手続きが終われば再転用は完了です。

これまでの光コラボを解約してフレッツ光と再契約して…という流れと比べると、格段に簡単になったことが分かると思います。

3. モデルケースで紹介!フレッツ光の戻し方

フレッツ光から光コラボへの乗り換えをやめたい場合には、事業者変更が完了しているかで変わります。事業者変更の完了有無ごとにフレッツ光に戻す方法を見てみましょう。

3−1.事業者変更承諾番号を取得しただけの場合

まず、事業者変更承諾番号を取得しただけの段階では、乗り換えの手続きは始まっていません。事業者変更承諾番号の有効期限は「発行日を含めて15日間」です。そして有効期限を過ぎればその番号は使えなくなります。

つまり、番号を取得しただけの状態で転用を止めたくなった場合には、そのまま何もしなくても構わないということです。

3−2.事業者変更承諾番号を伝えたが乗り換えが完了していない場合

次に事業者変更承諾番号を光コラボ事業者に伝えたが、まだ乗り換えが完了していない場合についてです。この場合には、申し込んだ光コラボ事業者に連絡すればキャンセルが可能です。ただしあまり猶予はありません。時間がたつと申し込みが完了してしまうので、急いで連絡するようにしましょう。

3−3.乗り換えの手続きが完了してしまった場合

そして最後に乗り換えの手続きが完了してしまった場合です。もし手続きが完了してしまってから契約を解除したい場合には、「初期契約解除制度」を利用する手があります。

※画像引用元:http://www.soumu.go.jp/main_content/000422692.pdf

「初期契約解除制度」とは、契約書類の受領日を初日として8日間が経過するまでこちらから一方的に契約を解除できる制度になります。つまり、「違約金を支払わずに契約を解除できる制度」ということです。利用したい場合には申し込み先に光コラボ事業者へ連絡をし、初期契約解除制度を利用する旨を伝えましょう。

ただし初期契約解除制度を利用して契約解除した場合、事務手数料や利用した期間の利用料は請求されること、あくまで契約の解除だけなのでこれだけではフレッツ光に戻るわけではないことを覚えておきましょう。また、契約を解除するだけでなくフレッツ光に戻したいといった場合には、再転用でフレッツ光に事業者変更をするという方法もあります。

ただしこの場合には、違約金や事業者変更事務手数料3,000円が発生します。特に違約金は事業者によりますが、およそ1万円前後掛かりますので、あらかじめ覚えておきましょう。

4.事業者変更の際の注意点を確認

手順が簡単になった光コラボからフレッツ光への乗り換えですが、事業者変更には気を付けなければならないことがあります。ここでは事業者変更の注意点を確認してみましょう。

4-1.月々のかかる費用が変わる

これは当然ですが、契約先を変更するのでこれまでとかかる費用が変わってきます。乗り換えの際には月額料金やオプションの金額を今と乗り換え後で比較するとともに、携帯割などのキャンペーンに関わるところも再転用前とどのように変わるか確認しておきましょう。

4-2.違約金や工事費の残債が発生する可能性がある

事業者変更は「工事不要で簡単に乗り換えができる」ものになっていますが、違約金や工事費の残債を支払わなくてよくなるものではありません。違約金は事業者によって金額が異なりますがおよそ1万円前後、そして工事費の残債も契約経過月数が少ないと2万円前後かかってしまう場合があります。

なお、事業者変更の場合には工事は不要なので工事費は掛からないのですが、インターネットの利用を開始した際にかかった工事費に残債があれば請求されます。ですから再転用の際は場合によって安くない費用が掛かるのです。

5.誤って光コラボに・・無料で戻す方法はある!?

先ほど説明した通り光コラボに転用してしまうと、プランにはよりますが基本的に違約金を払わなければフレッツ光に戻れません。しかし、フレッツ光以外の光回線への移行を視野に入れると、無料で光コラボを解約できるのです。

5-1. 光コラボへの転用が完了した場合は他の光コラボへの乗り換えが吉

「乗り換え時に発生する費用を負担」してくれるキャンペーンがあるのをご存じですか?

フレッツ光にはないのですが、光コラボによってはこのキャンペーンによって実質違約金などにかかる費用を負担することなく契約を移行することができます。例えばそのキャンペーンを行っているのが「ソフトバンク光」です。

ソフトバンク光では、「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」を行っており、新たにSoftBank 光またはSoftBank Airに申し込んだ場合、他社が請求する違約金や撤去工事費を最大10万円還元してくれます。

画像引用元: https://www.softbank.jp/ybb/campaigns/list/anshin-norikae01/

このように乗り換えキャンペーンを行っているところに変えるのも一つの手です。

5-2. 光コラボやフレッツ光以外の光回線へ乗り換えるのもアリ

転用した光コラボからの移行先は、別の光コラボだけではありません。光コラボやフレッツ光以外の光回線もキャンペーンを実施していています。

例えば、NURO光はキャッシュバックキャンペーンを実施していて、契約すると35,000円のキャッシュバックをもらって光コラボの違約金に充てることができます。

画像引用元: https://www.nuro.jp/hikari/pr/

キャッシュバックキャンペーンを実施している光回線は意外と多く存在しているので、特典がもらえるかをポイントにして光コラボやフレッツ光以外のサービスも選択肢に入れてみましょう。

6.まとめ

以上光コラボからフレッツ光に戻す「転用戻し」について、その方法や代替策を解説しました。特に2019年7月から変わった「事業者変更」は、この転用戻し以外でもとても便利な手続きです。

事業者変更についてはぜひ要点を押さえ、事業者変更をこまめに利用することでよりお得にインターネットを利用できるようにしましょう。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 通りがかりのもの より:

    電話のアナログ戻しで116に聞きましたが、アナログ回線の時に取得した番号なら戻せるが、光電話で取得した番号は戻せないとの事。
    光コラボは蟻地獄と言うかブラックホールと言うか一方通行で二度と戻れない、最悪な仕組みですね・・・。

  2. 佐藤美智子 より:

    2年前フレッツ光からNTT東日本NTT職員と称する人の自宅訪問を受け 知らぬ間に光コラボに切り替えられていた。現在光コラボから元に戻したい考えであるが それには 長い間使ってきた固定電話番号が変更になると聞き、自分自身の不注意とはいえショックを覚えている。

コメントを残す

*