ドコモ光ミニはセット割り可能?おすすめのプロバイダやメリットデメリット紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ドコモ光ミ二画像

自宅であまりネットを使わないのに毎月4,000円以上の出費はもったいないと考えている方いませんか?そんな方におすすめしたいのが、ドコモ光ミニプランです。このプランでは、インターネットを使用した分だけの利用料金がかかり、ネットをあまり使用しなかった月の料金を安く抑えられます。

さらにドコモ光ミニではセット割が可能でさらにお得になるという情報も。ここでは、ドコモ光ミニのメリット、デメリットについておすすめのプロバイダについて解説します。

1.ドコモ光ミニプランとは

引用:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/hikari_mini/

ドコモ光ミニとは、月に使用した分だけの通信料金を支払うシステムであり、光回線をあまり利用しない方にとっては月額料金を格安料金にできるメリットがあります。他にもドコモ光ミニについて詳しくみていきましょう。

1-1.ドコモ光ミニの料金詳細(工事費、解約金)

ドコモ光ミニの料金は、新規で申し込む際には回線開通のための工賃費用として、18,000円がかかります。他の光回線に比べて安いことはありません。ドコモ光ミニプランの初期費用はそれなりの金額が必要になることを覚えておきましょう。

また、ドコモ光ミニプラン契約から2年以内に解約した場合には,解約金として13,000円(税込)が必要です。契約期間の縛りがあることにも注意してください。また、2年以内の解約も避けるようにしましょう。

1-1-1.2段階定額料金プランとは(最大料金や追加料金等)

ドコモ光ミニの料金プランは、一戸建てにお住いの方を対象にした戸健タイプです。マンションやアパートなどは対象外となっています。月額料金体制は、月2,700円か5,400円の2段階定額と呼ばれており、月に200MBまでの通信料が月額2,700円、月間1,200MB以上になると最大料金の5,400円です。

200MB以上通信料を使用すると、10MBあたりにつき30円(税込)の追加料金が発生します。10MB以下(95MB=100MB)に端数が繰り上げられますので、使用した通信料によって追加料金がかかりますので注意しましょう。もし、通信料が1,200MBを超えてしまっても、追加料金がかかると考える方がいるかもしれませんが、1,200MB以上通信を行った場合には最大料金の5,400円になりますので、追加料金は発生しません。

1-2.ドコモ光ミニはセット割可能?どんなプランが対象?

引用:https://nttdocomo-hikari.jp/charm/?yclid=YJAD.1571118794.dSUv.8adcq3rEd.NVuwM8f6ZTmMoLnb.e2vsfQd3_1IDS60yhazXTaw_QRxBy1qWKSBWreVNqyZGhtc-

ドコモ光ミニは携帯電話とセットで契約すると月額料金が割引になるお得なセット割引を実施しています。ドコモ光ミニセット割引についてはわかりやすいよう以下の表でまとめてみました。

料金プラン ドコモ光セット割引 月額料金(1回線) 月額料金(2回線) 月額料金(3回線)
ギガホ -1000円 5,980円(-1,000円) 5,480円(-1,500円) 4,980円(-2,000円)
ギガライト -1000円 4,980円(-1,000円) 4,480円(-1,500円) 3,980円(-2,000円)
ギガライト -1000円 3,980円(-1,000円) 3,480円(-1,500円) 2,980円(-2,000円)
ギガライト -500円 3,480円(-500円) 2,980円(-1,000円) 2,480円(-1,500円)
ギガライト 2,980円 2,480円(-500円) 1,980円(-1,000円)
  • ドコモ光ミニのみでご利用の場合には、「ドコモ光セット割」で「ギガホ」「ギガライト(3GB超~7GB)」は500円「ギガライト(1GB超~3GB)」 は200円が「ドコモ光」のペア回線から割引となっています。
    また、対象となるの方はドコモ光の契約者または同じ家族内である「ファミリー割引」のグループ内に加えて「ドコモ光」基本使用料の課金が1回線以上の方です。

1-3.ドコモ光ミニのおすすめプロバイダ詳細

現在ドコモ光ミニが提供しているプロバイダには24社もの会社があります。ここでは「月額料金が安いおすすめのプロバイダ会社」と「プロバイダ会社の中でキャッシュバックに優れている会社」の2つを比較しながら紹介していきます。

月額料金が安いおすすめプロバイダ会社

ドコモ光の中でも月額料金が安いプロバイダ会社を5つ比較してみました。

【月額料金が安いプロバイダ会社】 月額料金
DTI 4,000円〜5,200円
So-net 4,000円〜5,200円
ぷらら 4,000円〜5,200円
OCN 4,000円〜5,200円
GMO 4,000円〜5,400円

月額料金では、DTI、So-net、ぷらら、OCNの4社は同じ料金プランとなっていますが、GMOだけ200円高く設定してあります。月額料金でプロバイダを選ぶ際には、月額料金プラスその他のサービスで選ぶようにしましょう。

おすすめは月額料金の他のサービスも充実しているOCNです。

【プロバイダ会社のキャッシュバックシステムを比較】

キャッシュバック額 条件

オプション

新規 転用
GMOとくとくBB 最大20,000円 あり
5,500円 なし
DTI 15,000円 なし
So-net 15,000円 なし
ぷらら 15,000円 なし
OCN 15,000円 なし

キャッシュバック制度については、各プロバイダごとに様々なプランを提供していますが、最大キャッシュバックで比較すると一番のおすすめは、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBでは、指定オプションの加入が必要になりますので注意してください。

2.ドコモ光ミニのメリット・デメリット

引用:https://nttdocomo-hikari.jp/charm/?yclid=YJAD.1571118794.dSUv.8adcq3rEd.NVuwM8f6ZTmMoLnb.e2vsfQd3_1IDS60yhazXTaw_QRxBy1qWKSBWreVNqyZGhtc-

2-1.ドコモ光ミニのメリット

ドコモ光ミニの利用には以下の2つのメリットがあります。

  • 通信料に合わせて月額料金を調整できる
  • 500円引きのシェアパックが利用できる

ドコモ光ミニの最大メリットといえばやはり、契約者の通信料使用頻度によって料金が大幅に安くできることです。自宅でインターネットをあまり利用しない方によっては、毎月2,700円だけの支払いで済み、お金の節約にも繋がりますね。

さらにドコモ光ミニでは、ドコモ光と同じく、ドコモのスマホ割引を利用することで、500円の割引額が実施されるメリットもあります。利用されているプランによっては、割引期間が契約方最大1年間限定になることも十分に考えられますので、注意しましょう。

2-2.ドコモ光ミニのデメリット

ドコモ光ミニは料金面にデメリットを感じる方が多い傾向がありますが、ドコモ光ミニのデ2つのデメリットについて詳しくみていきましょう。

  • プロバイダが別料金
  • 通信量を多く使う方には、割高になるかも

プロバイダが月額料金に含まれている回線業社はたくさんありますが、ドコモ光ミニではプロバイダ料金が別料金として発生します。一番安いプロバイダを利用するにしても、月額500円からとなりますので、最低額は3,200円から設定されます。

ドコモ光ミニでは、インターネットをあまり利用しない方が月額料金を安くできるメリットがありますが、毎日動画を視聴したり、インターネットを利用する方にとっては、月額料金が高くなるデメリットが考えられます。

データ使用量が200MBを超える方にはおすすめできません。200MBを超える通信料を使用してしまうと、10MBごとに30円(税込)の追加料金が発生してしまいます。

3.ドコモ光ミニはどんな人がお得に利用出来るか検証

ドコモ光ミニには、インターネットを使った分だけの利用料金を払うことやドコモのスマホが割引になる2つのメリットがあります。お得に利用できる方の対象としては、戸建にお住まいでインターネットの使用時間が少ないNTTドコモの携帯を使用されている方です。家にいる時間よりも外出する時間の方が多い人にとっては光回線の固定費を安くできますね。

また、NTTドコモの携帯を使用されている方は、シャアパックで割引になるサービスが豊富に揃っていますので、契約時にお得なキャンペーンを使えるメリットがあります。家族でドコモの携帯を使用されている方は、人数分だけのシェアパックの割引額が大きくなるので、さらにお得ですよ。

4.ドコモ光ミニにプラン変更する方法

現在加入されている定額プランからドコモ光ミニにプラン変更したい場合には、「ドコモインフォメーションセンター」または「ドコモショップ」から手続きしましょう。ドコモインフォメーションでの変更方法は以下の電話番号に電話をかけ、契約プランの変更を希望していることをお伝えください。

【ドコモインフォメーションセンター】

ドコモ携帯電話:151(9時〜20時、年中無休)
その他の電話:0120-800-000

ドコモショップでもドコモ光プランの変更手続きが可能です。お住まいの地域にあるドコモショップに来店し、受付スタッフにプラン変更がしたいことを伝えましょう。

5.まとめ

ドコモ光ミニは、自宅であまりインターネットを使わない方が光回線代という月々の固定費を下げるために効果的なプランです。さらにドコモの携帯を使用されている方はシェアパックが適用されるので、最低金額よりも安い金額で固定費を抑えられますね。

逆に、もし1,200MB以上の通信量を使用しても月額料金が5,400円以上になることはありません。自宅であまりネットを使わない、自宅に光回線を引くのか迷っている方は、是非ともドコモ光ミニを契約してみましょう。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

監修者:ヒカリコンシェル編集部

10年以上通信業界に携わった経験を元にインターネットに関する悩みを解決するため分かりやすく丁寧な記事を心がけております。あなたのネットに関する「分からない」を解決出来るよう日々精進していきます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*