【違約金はどうなる?】ソフトバンクエアーが引っ越し先で使えない場合の3つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ソフトバンクエアー画像

「引っ越しをしたらソフトバンクエアーが使えない!」なんてことありませんか?

引っ越し先がソフトバンクのエリア外だと、ソフトバンクエアーは使えなくなってしまいます。ここではそんな時のためにソフトバンクエアーのエリア確認の方法や解約金等の現状、引っ越し先で使えない時の対処法3つやインターネット契約に関する注意点を解説します。

これを読めば引っ越し先でソフトバンクエアーが使えない問題がすっきり解消できますよ!

1.ソフトバンクエアーのエリア確認

まずはソフトバンクエアーのエリア確認の方法をみてみましょう。ソフトバンクエアーのエリア確認は、主に「サイトから確認する」方法と「サポートセンターに電話で確認する」方法の2つがあります。

1-1.サイトから確認する

サイトから確認する方法は、自分の好きな時に確認することができるので煩わしさがありません。ただ大まかなエリアでの確認しかできないので、引っ越し先で本当に使えるかまでは分からないため、あくまで参考程度となります。

しかし目安にはなりますので、まずはこの方法を試してみましょう。エリア確認できるサイトは次の2つです。

1-1-1.ソフトバンク公式サイトでの確認

まずはソフトバンク公式サイトで確認できます。

https://www.softbank.jp/ybb/air/area-list/

ここで確認できるのは「住所別の下り最大通信速度」ですが、「書かれていない住所はつながらない可能性がある」とみることができます。タブやドロップダウンリストからエリアを選択する形なので、検索がしやすいですよ。

1-1-2. 「Wireless City Planning株式会社」のサイトでの確認

二つ目に「Wireless City Planning株式会社のサイトから確認する」方法もあります。そもそもソフトバンクエアーはソフトバンクケータイの電波とは異なる「AXGP」というものを使用しているため、ソフトバンクケータイがつながるからと言ってソフトバンクエアーもつながるとは限りません。

そしてこの「AXGP」は、ソフトバンク傘下の「Wireless City Planning株式会社」がサービスを提供していて、そのエリアをサイトで公開しています。

https://www.wirelesscity.jp/area/map/

サイトでは「AXGPの提供エリアをマップ上から確認」することができ、上図のように視覚的にとても分かりやすいものになっています。

例えば東京都千代田区飯田橋と指定すると次のように表示され、赤くなっていれば「エリア内」です。

しかしこちらも引っ越し先が確実につながる保証にはならず、あくまで参考程度となります。

1-2. SoftBank Air サポートセンターで確認する

SoftBank Airサポートセンターで確認する方法は、決められた時間帯にサポートセンターに電話をして確認するので、正直面倒なところがあります。しかし引っ越し先のエリア確認が正確にできるため、最終的には行っておきたい方法です。

先に紹介したサイトでの確認でおおよその目安が付いたら、次にこの方法で確認しましょう。サポートセンターの電話番号、営業時間は次の通りです。

電話番号:0800-1111-820
営業時間: 10:00~19:00 平日のみ(一部お問い合わせは土日祝日も営業)
※ 一般電話、IP電話、携帯・PHSより利用可能

オペレーターに引っ越し先のソフトバンクエアーのエリア確認をしたい旨と引っ越し先の住所を伝えれば、エリア確認をすることができます。

1-3.エリア確認のまとめ

このように、ソフトバンクエアーはサイトや電話でエリア確認をすることができます。エリア確認のことで分からないことがあった場合には、無料のインターネット相談窓口に確認すると詳しく教えてくれますので、利用してみるとよいでしょう。

2.ソフトバンクエアーの解約金や割賦金はどうなるの!?

次に引越し先がエリア外だった場合に、ソフトバンクエアーの解約金や割賦金がどうなるかについてです。まず解約金についてですが、ソフトバンクエアーがエリア外だった場合には「解約金は発生しません」。

そもそもソフトバンクエアーは2年契約になっており、利用から24か月後の「契約満了月」以外で契約を解除すると、9,500円の解約金が発生します。しかし引っ越し前にソフトバンクエアーを利用していて、引っ越し先がエリア外だった場合には例外となり、解約金を支払わなくても解約をすることができるのです。

対して割賦金とは「ソフトバンクエアーの本体代分割払い」のことで、契約時に「本体購入・分割払い」を選択すると毎月分割で本体代の支払いが生じますが、36か月間継続使用で本体代が無料になる「月月割」というキャンペーンを適用すれば本体代がタダになります。

しかし36か月を経過せずに解約した場合、引っ越し先がエリア外だったとしても割賦金の残債は支払う必要があり、1,620円×残り月数分がその支払い金額となります。なお、割賦金の残債は「My SoftBank」から次の手順で確認が可能です。

(1)My SoftBankにログインする

(2)「〇月ご請求」を選択する

(3)関連メニューの「割賦契約情報」を選択する

(4)割賦金の残債が表示される

なお、解約や割賦金について分からないことがあったり詳しく知りたい方は、無料のインターネット相談窓口に確認するといいでしょう。

3. ソフトバンクエアーが引っ越し先で使えない場合の対処法

続いて、ソフトバンクエアーが引っ越し先で使えない場合の対処法を3つ紹介します。

3−1.光回線にしてみる

まずは光回線に変える方法です。光回線の場合無線環境の構築には「無線Wi-Fiルータ」が必要ですが、高額ではないのでソフトバンクエアーとほとんど使い勝手は変わりません。

ではおすすめの光回線と申し込み窓口を紹介します。

3-1-1.ソフトバンク光

まずはソフトバンク光です。

ソフトバンクエアーを利用している人は、ソフトバンクケータイが割引になる「おうち割」を適用している方がほとんどでしょう。にもかかわらず「おうち割」が適用できないインターネット回線に変えてしまうと、割引が受けられなくなってその分損をしてしまいます。

ですから乗り換え先はまず始めに「ソフトバンク光」を検討するとよいでしょう。

なお、ソフトバンク光の月額利用料等は次の通りです。

回線名 費用
一戸建て(円/月) マンション(円/月) 工事費

(円)

初期費用

(円)

ソフトバンク光 5,200 3,800 実質無料 3,000

そしてソフトバンクエアーからソフトバンク光に変える場合には電話での手続きとなり、窓口は次の通りです。

電話番号:0800-1111-820 (通話料無料)
受付時間:10:00~19:00
※一般電話、IP電話、携帯・PHSより利用可能

3-1-2.NURO光

次にNURO光も「おうち割」の適用ができます。

NURO光は「独自のインターネット回線を利用した高速通信」を売りにしており、フレッツ光やソフトバンク光が下り最大通信速度1Gbpsなのに対してNURO光は2Gbpsと倍の速度になっています。

NURO光の月額利用料等は次の通りです。

回線名 費用
一戸建て(円/月) マンション(円/月) 工事費

(円)

初期費用

(円)

NURO光 4,743 4,743 実質無料 3,000

※ただし開通月から1年間はキャンペーンにより月額利用料1,980円

NURO光は開通しているエリアが他に比べて狭いので、引っ越し先がエリア内かどうかを事前に確認するようにしましょう。

【NURO光の申し込みはこちら】

https://www.nuro.jp/hikari/

3−2.置型のワイファイルーターを検討する

次に置き型のWi-Fiルータを検討する方法もあります。「置き型のWi-Fiルータ」とは、ソフトバンクエアーのような工事不要で届いたその日から利用できる、自宅で利用するタイプのWi-Fiルータのことです。

このサービスは以外と多くの企業で提供されており、ソフトバンクエアーの他にdocomoの「おくダケwi-fi」やWiMAXの「ホームルーター」があります。そしてその中で最もお得なのが「BroadWiMAX」で、月額料金が安く通信速度もソフトバンクエアーより高速です。

BroadWiMAXの月額料金の詳細は次の通りです。

料金プラン 月額料金
初月 1~2か月 3~24か月
ギガ放題プラン 2,726円日割 2,726円 3,411円
ライトプラン 2,726円日割 2,726円 2,726円

置き型を利用したい場合には、契約時に「ホームルータータイプ」の端末を選ぶとよく、特に「Speed Wi-Fi HOME L02」は無線接続時シリーズ最速の下り最大867Mbpsで、通信の安定性も高い機器になっているのでおすすめですよ。

【BroadWiMAXの申し込みはこちら】

https://wimax-broad.jp/

3−3.WiMAX等のポケットWi-Fiにする

そしてWiMAX等のポケットWi-Fiにする方法もあります。ポケットWi-Fiはホームルーターと違って「持ち運びができる」ものになっており、外出先でも利用が可能なので、出張や旅行の際にフリーWi-Fiがない場所で、そしてセキュリティ面でもとても重宝します。

なお、ポケットWi-Fiを利用する場合には先ほどのBroadWiMAXもお得ですが、「GMOとくとくBB」も31,000円のキャッシュバックがあってとてもお得です。

GMOとくとくBBの月額料金の詳細は次の通りです。

料金プラン 月額料金
初月 1~2か月 3~24か月
ギガ放題プラン 3,609円日割 3,609円 4,263円
7GBプラン 3,609円日割 3,609円 3,609円

月額料金は先ほどのBroadWiMAXよりも高いのですが、その分キャッシュバックがあるといった形です。キャッシュバックがなくて月額料金が安いほうがよいのか、キャッシュバックがあって月額料金が高いほうがいいのかは好みになりますが、GMOとくとくBBはトータルでしっかりとお得になっているので検討してみましょう。

【GMOとくとくBBへの申し込みはこちら】

https://gmobb.jp/wimax/

4.インターネット契約に関する注意点

最後にインターネット契約を結んだのってずいぶん前じゃないですか?そこでここではインターネット契約に関する注意点をおさらいしましょう。

4-1.電話勧誘・訪問勧誘には乗らない

インターネットの電話勧誘や訪問勧誘は、全てではありませんが、トラブルのもとになることが多いようです。

原因は「実は損なプランを『お得なプランです』と言って誘ってくる」からですが、このようなトラブルに巻き込まれないようにするためには、基本的に電話勧誘や訪問勧誘に乗らないことが一番大切です。なお、もし必要ないと断ってもしつこく誘ってきた場合には法律違反になりますので、その旨を伝えるようにすれば諦めるはずです、試してみてください。

4-2.高額なキャッシュバックには注意

高額なキャッシュバックには裏がある場合があります。

例えば「〇人以上勧誘すること」など適用条件が厳しかったり、受け取る手続きができるようになるまで1年くらい間が空いたり、お知らせメールが来ていることが分かりづらかったりなど、見た目高額でもキャッシュバックを受け取りづらくなっているケースです。

ですからキャッシュバックキャンペーンを利用する場合には適用条件や受け取り時期を事前に確認するとともに、その申し込み先・代理店の評判もネットで調べるようにしましょう。

4-3.困ったら無料のインターネット相談窓口に確認する

近年インターネット契約に関わるトラブルが増えてきています。

そこでもし、インターネット契約に関してトラブルに巻き込まれてしまった、分からないことや困ったことが起きた場合には、無料のインターネット相談窓口に相談しましょう。

文字通り無料ですっきりと解決してくれますよ!

5.まとめ

以上引っ越し先でソフトバンクエアーが使えなかった場合の対処法などについて解説をしました。

引っ越し先でソフトバンクエアーがエリア外だった場合には「解約金はかからないが割賦金は支払わなければならない」、「別のインターネット回線に切り替える必要がある」ことを押さえ、代わりに契約する時のお得な契約先や契約時の注意点を理解しておけば、実際に契約先を切り替える際に損なくムダなく行うことができますよ。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*