人気記事

ahamo(アハモ)に変更でドコモ光セット割引はどうなる?おすすめインターネット回線を解説!

ヒカリコンシェル編集部
ahamo画像

NTTドコモから発表された格安プラン「ahamo」に乗り換えたら、自宅のドコモ光とのセット割はどうなるの?と疑問に感じていませんか?

先に結論をお伝えすると、ahamoとドコモ光ではセット割が適用されなくなってしまいます

ただ、セット割を考慮してもドコモスマホよりもahamoに乗り換えたほうが毎月のスマホ代を節約できるので、セット割のことをそこまで気にする必要はありません。

むしろ、ドコモのセット割がある唯一の光回線「ドコモ光」は、一般的な光回線の相場に比べて標準〜やや割高な価格設定なので、ahamoにするなら月額料金が安い光回線への乗り換えを検討すべきです。

そこで本記事では、ahamoへの乗り換えを検討中の人に向けて、おすすめの光回線についてご紹介していきます。

ahamo(アハモ)におすすめ光回線についてお困りではありませんか

ドコモスマホをahamo(アハモ)に変更したけど、このままドコモ光でいい?と疑問に感じているあなた!相談窓口にご相談下さい。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

ahamo(アハモ)はドコモ光セット割可能?料金比較

NTTドコモの「ahamo」は、月間20GBまで使えて月額料金が3,000円を切る格安な料金プランです。

一方で、ドコモ光とのセット割やみんなドコモ割、dカードお支払割、ファミリー割引による家族間無料通話が適用されないなどの欠点もあります。

一見すると、割引が適用されないのは非常に損をしたように感じますが、実はこれらの割引を適用してドコモを使い続けるより、ahamoに乗り換えたほうが毎月のスマホ代は大きく節約できます。

そこで本項目では、ahamoとギガホ/ギガライトの料金比較をご紹介していきます。

ahamoの基本情報

 

ahamoの基本情報
データ容量20GB
月額料金2,970円
通話料5分以内:通話料無料
超過時22円/30秒
通話オプション24時間かけ放題:1,100円
データ通信量追加1GB:550円
契約期間なし
違約金なし
ネットワーク4G/5G

2021年に登場したahamoは、これまでNTTドコモで提供されていた料金プランに比べて非常にコストパフォーマンスに優れています。

月間データ容量は20GBで、月額料金は5分かけ放題付きで税込み2,970円です。

これまでのドコモはデータ容量に対する月額料金が高額だったので、毎月のスマホ代が1万円近くなってしまう人が大勢いました。

ですが、ahamoに乗り換えれば毎月のスマホ代を3,000円以下に節約でき、5分以内の通話であれば一切の通話料も発生しません。

また、ahamoでもNTTドコモが提供する高品質なネットワーク回線そのままを利用できるので、支出だけを抑えてこれまでと変わらない使用感でスマホを使うことができます。

ahamoとギガホ/ギガライトの料金を比較

 

ahamoとギガホ/ギガライトの料金比較
 ahamoギガホ プレミアギガライト
データ容量20GB60GB〜7GB
月額料金2,970円
(148.5円/1GBあたり)
〜60GB:7,018円
〜3GB:5,368円
(117円/1GBあたり)
〜7GB:6,578円
〜5GB:5,478円
〜3GB:4,378円
〜1GB:3,278円
みんなドコモ割対象外2回線:-550円
3回線以上:-1,100円
ドコモ光セット割対象外-1,100円〜1GB:対象外
〜3GB:-550円
〜7GB:-1,100円
dカードお支払割対象外-187円
通話料5分以内:通話料無料
超過時22円/30秒
22円/30秒
通話オプション24時間かけ放題:1,100円24時間かけ放題:1,870円
5分かけ放題:770円
データ通信量追加1GB:550円1GB:1,100円
契約期間なし2年間
違約金なし1,100円
ネットワーク4G/5G4G/5G

ドコモのギガホプレミアは、月間60GBまでの大容量通信が可能で、月額料金は税込み7,018円です。

一方のギガライトは最大7GBまで使える従量課金制の料金プランで、基本的に自宅のWiFiに接続して使う人に向いているプランといえます。

これらの料金プランを比較すると、1GBあたりの価格が最も安いのはギガホプレミアとなります。

ahamoとギガプラン、どちらがお得?

ahamoとギガホ、ギガライトの3種類からプランを選ぶ上で重要なのが「割引適用後の最終的な金額で比較すること」です。

そこで、各プランの割引適用後における最終的な金額を比較して見ていきましょう。

 

割引適用後の割引適用後における最終的な金額を比較金額比較
 ahamoギガホ プレミアギガライト
データ容量20GB60GB〜7GB
月額料金2,970円
(148.5円/1GBあたり)
〜60GB:7,018円
〜3GB:5,368円
(117円/1GBあたり)
〜7GB:6,578円
〜5GB:5,478円
〜3GB:4,378円
〜1GB:3,278円
みんなドコモ割対象外2回線:-550円
3回線以上:-1,100円
ドコモ光セット割対象外-1,100円〜7GB:-1,100円
〜3GB:-550円
〜1GB:対象外
dカードお支払割対象外-187円
合計金額2,970円〜60GB:4,818円
〜3GB:3,168円
〜7GB:4,378円
〜5GB:3,278円
〜3GB:2,728円
〜1GB:2,178円

各種割引を適用した上で、ドコモが提供するプランの中で最も安く使えるのはギガライト(月間3GB以下)です。

ただし、月間データ通信量が3GBを超えてしまうとahamoのほうが月額料金は安くなります。

ギガホは各種割引を適用すれば月間60GBの大容量通信を5,000円以下の金額で利用できるようになります。

とはいえ、普段のスマホ使いで1か月に50GBも使わない人にとってはいくら割引されたといっても5,000円のスマホ代は高く感じられるでしょう。

これらの中で最もバランスが良い料金プランといえるので、ahamoへの乗り換えは非常におすすめだといえます。

ahamoへの乗り換えで損になるケースとは

月額料金が安いahamoですが、ドコモから乗り換えたことで損になるケースもあります。

  • ahamoでデータ容量の追加課金(1GB550円)を7回以上した場合
    • ギガホで各種割引を適用できる場合は3回以上
  • ギガライトで各種割引を適用した上で毎月のデータ利用量を常に3GB以下に抑えられる人はahamoにすると損
  • 店舗でサポートを受ける場合は事務手数料3,300円が発生する
    • 月に2回以上ショップサポートを受ける場合は損

上記に該当する場合は、ahamoに乗り換えると損をしてしまいます。

特にショップでのサポートを利用したい場合、ahamoだと1回の受付で3,300円の手数料が発生してしまうので気をつけましょう。

ahamoにおすすめインターネット回線

ahamoではドコモ光セット割が適用されませんが、セット割を考慮してもahamoのほうが毎月のスマホ代を大幅に節約できることがわかりました。

そうなると、セット割のためにわざわざ高いお金を支払って、ドコモ光を利用し続ける必要はありません。

そこで本項目では、ahamoにおすすめのインターネット回線をご紹介していきます。

速度重視なら「NURO光」

自宅の固定回線を速度重視で選びたいなら「NURO光」がおすすめです。

NURO光は最大2Gbpsの速度に対応しており、一般的な光回線の2倍の速度でデータ通信を利用できます。

また、公式サイトから申し込むと最大4.5万円のキャッシュバックがもらえたり、開通工事費と事務手数料が実質無料になったり、特典面が盛りだくさんなことが特徴です。

戸建ての場合は光回線の相場より月額料金も安いので、速度・料金の両面において優れた光回線といえます。

一方、マンションタイプでも戸建てタイプと同じ料金であったり、集合住宅専用プランは対応物件が限られていたり、そもそものNURO光のサービスエリアが狭いなどの欠点もあります。

ですが、速度と料金の両面で非常に優れている光回線なので、固定回線を選ぶ際はまず真っ先にNURO光のサービスエリアを確認するところから始めるのがおすすめです。

 

NURO光の詳細
 戸建てマンション
月額料金5,217円
工事費44,000円
※申し込み特典で実質無料
契約期間2年間
契約解除料10,450円
エリア北海道
関東:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海:愛知、静岡、岐阜、三重
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
中国:広島、岡山
九州:福岡、佐賀

地方に住んでいるなら「電力系光回線」もおすすめ

お住いの地域が以下の地域であるなら「電力系光回線」もおすすめです。

  • 東海地方:コミュファ光
  • 関西地方:eo光
  • 中国地方:メガエッグ
  • 四国地方:ピカラ光
  • 九州地方:BBIQ

電力系光回線は、各地方にある電力会社(またはグループ会社)が独自に運営する光回線の総称を指します。

日本全国で利用されているNTT回線(フレッツ光や光コラボ)に比べて利用者が少ないので、回線内混雑が発生しにくくインターネットを快適に利用しやすいという特徴があります。

また、自宅の電気とセットで利用することで毎月の生活費を節約することも可能です。

安さ重視なら「OCN光」

ahamoに合わせて自宅の固定回線も料金重視で選びたいなら「OCN光」がおすすめです。

OCN光のマンションタイプは月額3,960円で、4,000円を切る価格でNTTグループが運営する安心のネット回線を利用できます。

また、OCN光はNTT東日本/西日本が日本全国に敷設する光ファイバーを利用する「光コラボレーション」の内のひとつです。

いま使っている固定回線がドコモ光やフレッツ光であるなら、転用や事業者変更といった手続きで開通工事費を支払うことなく乗り換えられます。

料金重視で光回線を選びたい人は、この機会にOCN光を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

OCN光の詳細
 戸建てマンション
月額料金5,610円3,960円
開通工事費19,800円16,500円
契約期間2年間
契約解除料11,000円(不課税)
エリアNTT東日本/西日本エリア全域

ahamoにおすすめインターネット回線を選ぶ際の注意点

ここまで、ahamoにおすすめのインターネット回線についてご紹介してきました。

最後に、ahamoにおすすめのインターネット回線を選ぶ際の注意点について解説していきます。

住んでいる地域によっては申し込めない光回線の種類がある

住んでいる地域によっては、申し込むことができない光回線があります。

 

光回線と利用可能地域
光回線申し込める地域
NURO光北海道
関東:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海:愛知、静岡、岐阜、三重
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
中国:広島、岡山
九州:福岡、佐賀
コミュファ光東海地方
eo光関西地方
メガエッグ中国地方
ピカラ光四国地方
BBIQ九州地方
auひかり ちゅら沖縄県

なお、NTT回線を利用するフレッツ光や光コラボレーション(ドコモ光やソフトバンク光など)は、日本全国の幅広いエリアで利用できます。

上記を参考にして、自分が住んでいる地域で申し込める光回線を探しておきましょう。

エリア内でも住んでいる物件によって申し込めないタイプもある

光回線の中には、たとえサービスエリア内だとしても住んでいる物件によっては申し込めないタイプがあります。

たとえば、NURO光のマンションタイプ「NURO光 for マンション」は、その物件自体にNURO光の回線設備が導入されていなければ申し込みができません。

また、一部の地域ではauひかりのマンションタイプが利用できなかったり、同じauひかりでも物件によって月額料金が異なったりします。

なお、希望の光回線が住んでいる物件に対応していなかった場合、マンションタイプは無理でも戸建てタイプであれば導入できる可能性があります。

マンションやアパートで戸建てタイプの光回線を利用したい場合は新たに開通工事を行う必要があるので、その物件のオーナーに開通工事を行っても良いか確認をとってみてください。

契約期間や開通工事費が実質無料になる期間に注意

光回線を選ぶ際には、そのサービスの契約期間や開通工事費が無料になる期間をよく確認しておきましょう。

光回線では2年契約や3年契約が一般的ですが、開通工事費が実質0円になる割引期間は36か月〜60か月間に設定されているケースがあります。

3年契約の光回線で開通工事費の無料期間が60か月の場合、最初の更新月(37か月目)で解約をすると工事費の割引特典だけが消滅してしまい、残りの23か月分の開通工事費を支払わなければなりません。

学生や仕事の都合で単身赴任をしていて、2年〜4年ほどで引っ越す予定がある人は特にご注意ください。

キャッシュバックやその他特典の適用条件もしっかり確認

キャッシュバックや割引キャンペーンの適用条件もしっかり確認するようにしましょう。

キャッシュバックでは、複数オプションの加入や別サービスの同時契約が条件に含まれているケースが多々あります。

割引キャンペーンも自分で申し込みが必要なパターンやオプションに加入する必要がある場合があるので、事前に確認した上で申し込むようにしてください。

まとめ

本記事では、NTTドコモが提供するahamoでドコモ光セット割が適用されるかどうかについて解説してきました。

改めて結論をお伝えすると、ahamoとドコモ光ではドコモ光セット割が適用されることはありません。

光回線の中でも月額料金が標準〜やや割高なドコモ光を使い続ける理由がなくなってしまうので、ahamoの乗り換えに合わせて固定回線も乗り換えることをおすすめします。

本記事を参考にしてご自身にピッタリの光回線をお選びいただければ幸いです。

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?

2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。

「NTTかと思って契約したら違う会社だった」

「絶対に変えないといけないような勧誘だった」

「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」

などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。

もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

ほかの記事

OTHER POSTS

WHAT IS HIKARICONCIER

ヒカリコンシェルとは、
インターネット回線や
Wi-Fi環境を
顧客目線で案内するメディアです。

background_about-image

SOCIAL MEDIA

SNSでも情報を
発信しています

Facebook