人気記事

光回線契約時のルーターレンタル事情|各回線契約時のおすすめルーターをご紹介

ユカ
ルーター画像

光回線を契約したいけれど、ルーターはどれを選べばいい?

オプションでルーターのレンタルがあるみたいだけど、利用すべき?

自宅に光回線を引いた際、ゲームやスマホなど複数の機器を同時に接続できるようにと、無線ルーターの利用を検討する人も多いのではないでしょうか。

多くの光回線業社では、ルーターのレンタルサービスを実施しています。

この記事では、光回線におけるルーターレンタルサービスについて紹介し、回線ごとのルータータイプを紹介します。

加えて、ルーターから選ぶおすすめの光回線も紹介していきますので、光回線選びに迷っている方や、ルーターの選び方に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

インターネット回線でお困りではありませんか?

最適なインターネット回線を教えてほしい!インターネットの速度に不満がある!最速でネットを使いたい方、無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

1.各光回線のルーターレンタルサービス提供状況

各光回線業者は、無線でのインターネット利用を可能にするサービスを行っています。

光回線業者が提供する無線接続サービスは、大きく以下の2種類に分けられます。

  • ルーターが内蔵されているONUが提供される
  • ONUの他にルーターを別途レンタルして繋ぐ

それぞれについて解説する前にまずは、「ONU」と「ルーター」について、簡単に説明します。

ONUとは「Optical Network Unit (=光回線終端装置)」の略であり、光信号とデジタル信号を変換する役割を持ちます。

原則として、ONUだけでは、有線接続でしかインターネットの利用ができません。

一方、「ルーター」とは電波を分配するための装置です。

ルーターはONUに届いた信号を電波として分配して、複数の端末でインターネットの同時接続を実現する役割を果たします。

つまり、家の中でWi-Fi利用をしたい場合には、ルーター機能が必須ということです。

1-1.ルーターが内蔵されているONUが提供される

1つ目の「ルーターが内蔵されているONUが提供される」タイプの光回線では、標準で提供されるONUに無線接続機能が備わっているため、別途ルーターをレンタルする必要がありません。

ただし、無線機能を利用する場合には月額料金が別途かかる場合もあります。

このタイプの代表的な光回線には、NURO光やauひかり、eo光などが挙げられます。

1-2.ONUの他にルーターを別途レンタルして繋ぐ

2つ目の「ONUの他にルーターを別途レンタルして繋ぐ」タイプの光回線では、ルーターの販売・レンタルがオプションとして用意されています

ONUとは別にルーターを用意することで無線のインターネットができるようになります。

なお、ルーターは家電量販店などで購入しても問題ありません。

フレッツ光やドコモ光、ビッグローブ光などがこのタイプに当たります。

ルーターやONUの役割についてわからないことがある場合には、下記の無料の相談窓口にお気軽に質問してみてくださいね。

インターネット回線でお困りではありませんか?

最適なインターネット回線を教えてほしい!インターネットの速度に不満がある!最速でネットを使いたい方、無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

2.回線ごとに借りられるルーターをご紹介

次は、光回線におけるレンタルルーターについて、そのタイプと月額料金を紹介します。

ここでは、特に知名度の高い8つの光回線を取り上げます。

 

各光回線のレンタルルーター詳細
ルータータイプ光回線利用機器名称月額料金
ONU一体型NURO光ONU無料
auひかりホームゲートウェイ500円
OCN光ホームゲートウェイ110円〜
eo光eo光多機能ルーター98円
ルーターは別途契約ドコモ光プロバイダにより異なるプロバイダにより異なる
ソフトバンク光光BBユニットなど467円
フレッツ光プロバイダにより異なるプロバイダにより異なる
ビッグローブ光Aterm WG1200HS3など500円

表を見ると、「ルーターが内蔵されたONU」を提供する光回線も多く存在することがわかります。

また、ドコモ光やフレッツ光のような、任意のプロバイダを別途選ぶ光回線では、ルーターのレンタル料金はプロバイダによって異なります。

月額500円前後に設定されることが多いです。

ちなみにプロバイダとは、インターネットと光回線を接続する役割を果たすもののことです。

ドコモ光やフレッツ光のように、回線とプロバイダを別々に選択するものもあれば、NURO光やeo光などのように、プロバイダの選択肢がない光回線もあります。

3.プロが選ぶおすすめルーター

ここでは、上で紹介したルータータイプの中でも特におすすめのものを紹介します。

結論を大きくまとめると、光回線の利用と同時に無線機能を利用したい場合は「ONUと一体型ルーター」を選ぶことがおすすめです。

その理由は、以下の2点です。

  • 1台にまとまり配線がスッキリする
  • 回線に対応したルーターを探す必要がない

3-1.1台にまとまり配線がスッキリする

1つ目のONUと一体型のルーターを選ぶメリットは、配線がスッキリすることです。

多くの一体型ONUには無線機能に加え、光電話アダプタも付帯されているため、回線-ONUのみの接続で家中に光電話とWi-Fi環境が整います。

接続方法であれこれ悩む必要もないでしょう。

3-2.回線に対応したルーターを探す必要がない

2つ目のメリットは、自力で回線に合ったルーターを探す必要がないことです。

ルーターが別途レンタル扱いとなっている光回線では、多くの場合、複数種類から任意のものを選択して利用します。

このとき、回線のスペックにきちんと合ったルーターを選ばなければ、回線本来の速度が発揮されないこともあり得ます。

「契約後の交換は認めない」と明記されることもあるため、ルーター選びには慎重にならざるを得ません。

以上2つの理由から「ONUと一体型ルーター」の選択をおすすめします。

3-3.ルーターの規格

もし、ルーターを別途レンタルする光回線を利用する場合は、ルーターの「規格」に着目して機器を選んでみましょう。

11ac」もしくは「11n」という規格に対応したルーターを探してみてください。

「11ac」という規格は転送スピードが速く、動画の視聴やオンラインゲームなどもスムーズに行えます。

また、「11n」という規格は2.4GHz帯と5GHz帯のどちらにも対応しており、他の電子機器と電波干渉を起こすことが少なくなります。

家族など、複数人でWi-Fiを利用する際にもおすすめできます。

ルーターの仕組みや選び方でわからないことがあれば、無料の相談窓口で質問してみてくださいね。

4.ルーターから選ぶ、おすすめ光回線

ここまで、光回線のルーターレンタルについて紹介してきました。

最後に、ルーターという観点から見ておすすめできる光回線を紹介します。

価格・機能面から考えて、おすすめできる光回線は以下の3つです。

  • NURO光
  • auひかり
  • ドコモ光

4-1.NURO光

最もおすすめできるのはNURO光です。

その理由は、「ONUと一体型ルーター」かつ「月額料金が無料」だからです。

NURO光では、契約者全員に無線ルーターが一体型となったルーターが送付され、別途契約せずに、つまり無料で無線機能を使うことができます。

またNURO光は通信速度が速いことも特徴で、一般的な光回線が、下り最大1Gbpsであるのに対し、NURO 光では下り最大2Gbspが出ます。

無線利用時でも、下り最大1.3Gbpsという高速です。

ただし、NURO光は利用エリアが限られているというデメリットもあります。

順次提供エリアは拡大されていますが、未対応の地域に住んでいる場合は、以下で紹介するauひかりもしくはドコモ光の利用を検討してみてください。

4-2.auひかり

次におすすめなのは、auひかりです。

その理由は「ONUと一体型ルーター」かつ「月額料金が場合によっては無料」だからです。

auひかりでは申し込み後に、無線LAN機能が内蔵されたホームゲートウェイが提供されます。

そのため、開通後すぐにWi-Fi利用が可能です。

auひかりの無線LAN機能は、月額500円となっていますが、「auスマートバリュー」を適用している場合は、無料にできます。

auスマートバリューとは、auでスマホと光回線をセット利用している人が利用できる割引サービスです。

つまり、auスマホを使っている人であれば、無料で無線ルーター機能を使えるということです。

4-3.ドコモ光

最後のおすすめはドコモ光です。

上で見た通り、ドコモ光は、ルーターとONUが一体型にはなっていません。

しかしそれでもおすすめできる理由は「ルーターを無料レンタルしているプロバイダが多い」からです。

ドコモ光では、プロバイダを任意の24社から1社を選んで契約します。

そしていくつかのプロバイダでは、申し込み特典として、ルーターの無料レンタルサービスを行っているのです

「GMOとくとくBB」「@nifty」「ぷらら」「DTI」をはじめとした提携プロバイダでは、v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターを永年無料でレンタルできます。

そのため、ONUと一体型出ないルーターを利用したい場合は、ドコモ光がお得でおすすめと言えます。

光回線の選び方で何かわからないことがある場合は、下記の無料の相談窓口にお気軽に相談してみてくださいね。

インターネット回線でお困りではありませんか?

最適なインターネット回線を教えてほしい!インターネットの速度に不満がある!最速でネットを使いたい方、無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

5.まとめ

ここまで、光回線のルーターレンタルについて紹介してきました。

光回線で行なっている無線サービスには、大きく分けて以下の2種類があります。

  • ルーターが内蔵されているONUが提供される
  • ONUの他にルーターを別途レンタルして繋ぐ

無線機能を利用するなら、「ルーターが内蔵されているONU」が提供される光回線の選択がおすすめです。

その理由は、ONU一体型ルーターを利用する際には、以下の2つのメリットがあるためです。

  • 1台にまとまり配線がスッキリする
  • 回線に対応したルーターを探す必要がない

上記を踏まえ、無線サービスの観点から見たおすすめの光回線は、以下の3つです。

  • NURO光
  • auひかり
  • ドコモ光

NURO光は、独自開発の無線内蔵ONUで、下り最大2Gbps、無線時でも1.3Gbpsという高速通信を楽しむことができます。

さらに、無線利用のために別途契約や月額料金の支払いの必要はありません。

auひかりは、ホームゲートウェイに無線機能が備わっており、開通と同時にWi-Fi利用が可能です。

無線機能の利用には通常は月額500円かかりますが、auスマホを利用している場合は「auスマートバリュー」が適用され、無料で利用できます。

ドコモ光は、ONUとルーターは別々になっています。

しかし、ドコモ光は選択するプロバイダによって、高速通信に対応したルーターを、サービス利用期間中は無料で利用することができます。

ルーター選びや光回線業者選びで困っている方は、この記事を参考にしてみてください。

何かわからないことがあれば、下記の無料の相談窓口に問い合わせをしてくださいね。

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?

2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。

「NTTかと思って契約したら違う会社だった」

「絶対に変えないといけないような勧誘だった」

「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」

などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。

もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-537-535(通話料無料)

【受付時間】10:00~21:00

ほかの記事

OTHER POSTS

WHAT IS HIKARICONCIER

ヒカリコンシェルとは、
インターネット回線や
Wi-Fi環境を
顧客目線で案内するメディアです。

background_about-image

SOCIAL MEDIA

SNSでも情報を
発信しています

Facebook