インターネットの基礎知識

もう遅いなんて言わせない!V6プラスとは一体何?メリットデメリットも!

v6プラス画像

インターネットの通信速度が遅く、悩んでいませんか?

通信速度が遅いときは、v6プラスを利用すれば速度が改善されるかもしれません。ただしv6プラスはすべてのインターネット回線には対応していないので、対応する光回線の契約が必須です。

この記事では、v6プラスの特徴やメリット・デメリット、おすすめのv6プラス対応光回線も合わせて解説します。インターネットの通信速度をもっと速くしたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1.V6プラスってなに?メリット・デメリット詳細まとめ

V6プラスは速度が速くなるサービスである、というところまではなんとなくわかっていても、具体的な特徴はよくわからないかもしれません。まずはv6プラスの特徴や、メリット・デメリットについて解説します。

1−1.V6プラスとは

V6プラスとは、「IPv6接続・IPoE方式」と「IPv4接続」を同時に利用できるサービスです。IPv4とIPv6の違いは次項で詳しく解説しますが、簡単に説明するとIPv4はIPアドレスの古い種類、IPv6は最新の種類です。
IPoE方式とは、長い間使われていた「PPPoE方式」におけるインターネット接続において必要な「ISPの網終端装置での認証作業」を回避できる方式です。

「IPv4接続」の「PPPoE方式」における「ISPの網終端装置での認証作業」は利用者が多いために混雑し、速度が下がりやすいデメリットがありました。しかし「IPv6接続」で利用できる「IPoE方式」なら「ISPの網終端装置での認証作業」が不要となるため、回線の混雑を回避=高速化ができるのです。

ただし「IPv6接続」の「IPoE方式」を利用するだけだと、IPv6接続非対応のサービスは利用できないデメリットがありました。一方「v6プラス」なら「IPv6接続のIPoE方式」と「IPv4接続」の両方を同時に利用できるので、IPv4接続のみに対応するサービスも利用でき、いつでもインターネットは高速・快適です。

またv6プラスなら、IPv4接続時もISPの網終端装置での認証作業は不要となり、速度は高速です。インターネットを高速で使いたいなら、v6プラスに対応する光回線を契約しましょう。

1−2.IPv6とIPv4の違い

IPv6とIPv4は、インターネット利用時に使われるIPアドレスの種類を意味します。

IPアドレスは様々なインターネット対応機器で通信をする時に割り当てられるしくみですが、長い間使われてきたIPv4のIPアドレスは既に使用できる上限(約43億個)近くまで達してしまっています。

一方IPv6のIPアドレスは発行できる数が「約3.4×10の38乗」と膨大なので、ほぼ無限に使えて余裕があります。さらにIPv6には通信の暗号化機能があるので、セキュリティ面での充実度が高いのも見逃せないメリットでしょう。

またIPv4は通常PPPoE方式を利用し、プロバイダの網終端装置において認証作業を行うことでインターネットを使えます。一方IPv6は標準でPPPoE方式だけでなく認証不要な「IPoE方式」も使えるので、より高速で通信できます。

1−3.v6プラスのメリットデメリット

V6プラスのメリットは、IPv4接続やIPv6接続・IPoE方式を利用し、常時高速でインターネットを利用できることです。一方v6プラスのデメリットとして注意が必要なのは、まず一部の通信ポートや通信プロトコルが使えないため、一部のオンラインゲームやIP電話機の利用ができなくなる可能性があることです。

自分の利用しているオンラインゲームやIP電話等がある場合は、v6プラスの対応状況を確認したうえで申し込みましょう。

またv6プラスは固定IPアドレスを利用できないため、自宅でサーバーを利用し外部からアクセスできる状態にしている方や、自宅内にWebカメラを設置してペットや家族の状況をチェックしている方などにはおすすめできません。

そしてもう一つ注意したいのは、v6プラスは対応ルーターを用意しなければ使えないことです。光回線の中にはv6プラス対応のルーターをレンタルしてくれる会社もあるので、対応ルーターを持っていない場合は光回線側からレンタルしましょう。

2.本当に速度が改善するの!?口コミや評判を探ってみた!

V6プラスを利用すれば速度が改善されると言われていますが、本当なのか心配かもしれません。実際にv6プラスを利用している人の口コミ評判を調べてみたので、チェックしてみましょう。

2−1.snsなどの評判

SNSの評判を調べてみると、「v6プラスを契約したら速度が速くなった」という声が多数見つかりました。

人によってはv6プラスを導入してもあまり速度が改善されないことがあるので、納得の上で申し込みましょう。

2−2.実際の利用者の口コミ

価格.comで実際の利用者の評判を調べてみると、v6プラスを導入した結果高速通信ができるようになり満足している声はたくさん見つかりました。例えば価格.comでは、GMOとくとくBBでドコモ光を利用・v6プラスによる通信をした結果、常時80〜100Mbps程度が安定して出るようになったという声がありました。

たくさんの口コミの中には下り200Mbps以上出たという声もあり、v6プラス利用者からの評判は上々です。

3.実際どこのサービスがいい?v6プラス対応の光サービス比較

V6プラスに対応する光回線サービスは、限られています。なんとなくで契約先を選ぶと、v6プラスに対応しておらず速度の改善ができない場合もあるので注意しましょう。

ここからは、v6プラス対応のおすすめ光回線サービスを4つ紹介します。それぞれのサービス内容や注意点を知りたい方は、ご覧ください。

3−1.ドコモ光+GMOとくとくBB

ドコモ光はたくさんのプロバイダの中から自由に好きなものを選んで契約できますが、v6プラスを利用するならプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。

ドコモ光+GMOとくとくBBの月額料金は、以下の通りとなっています。

月額料金(税抜)
戸建住宅5,200円
集合住宅4,000円

月額料金は十分安価で、ドコモユーザーなら毎月100〜3,500円(税抜)のスマホ代割引ができるのも大きなメリットでしょう。v6プラスを利用するには対応のルーターが必要ですが、GMOとくとくBBをドコモで契約する場合は無料でルーターをレンタルできます。

さらにレンタルルーターは、3年間使えば返却不要となるのも見逃せません。ドコモ光+GMOとくとくBBなら余計な費用をかけずに、v6プラス対応のインターネット接続ができます。

またGMOとくとくBB+ドコモ光の契約だと、万が一v6プラス利用時の速度が100Mbpsを下回ったらネットショッピングなどに使える100円相当のポイントをもらえるのもメリットでしょう。

ドコモユーザーの方やv6プラスを利用できるルーターを無料でレンタルしたい方は、ドコモ光+GMOとくとくBBを検討してみてはどうでしょうか。

3−2.So-net光

So-net光は、v6プラスを利用できる光コラボレーション(フレッツ光とプロバイダがセットになったサービス)です。

So-net光の月額料金は、以下の表にまとめました。

月額料金(税抜)
戸建住宅通常5,200円
集合住宅通常4,600円

キャンペーンにより月額割引を受けられる場合もあるので、料金の最新情報は公式サイトより確認しましょう。So-net光ではSo-net光電話を利用しない場合、v6プラス対応ルーターを月額400円(税抜)でレンタルし、v6プラスを利用できます。

月額500円(税抜)・auスマートバリュー適用の条件でもあるSo-net光電話を利用する場合は、オプションのルーターをレンタルしなくてももれなくv6プラスを利用可能です。ネット+光電話の契約で適用できるauスマートバリューを利用すればauスマホ10回線が毎月最大2,000円(税抜)引きになるので、auユーザーでv6プラスを利用したい方にはSo-net光がおすすめです。

3−3.ソフトバンク光

ソフトバンクのプロバイダとフレッツ光回線がセットになったソフトバンク光では、v6プラスに相当する「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE +IPv4」を利用できます。

ソフトバンク光の月額料金は、以下のとおりです。

月額料金(税抜)
戸建住宅5,200円
集合住宅3,800円

「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE +IPv4」の利用には、光BBユニットが必要で、レンタル料は月額467円(税抜)に設定されています。

ソフトバンク光ならソフトバンクスマホ最大10回線を毎月最大1,000円(税抜)割引にできるおうち割光セットの適用が可能なので、ソフトバンクユーザーはソフトバンク光での「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE +IPv4」利用がおすすめです。

なお「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE +IPv4」を利用する際は、ソフトバンク光の申し込みページよりサービスの申し込みが必要となるので、忘れずに申し込みましょう。

3−4.OCN光

OCN光では、専用Wi-Fiルーターを用いたv6アルファという名称のv6プラス相当サービスにより、速度を改善できます。

OCN光の月額料金は、以下の表にまとめたとおりです。

月額料金(税抜)
戸建住宅5,100円
集合住宅3,600円

比較的安価な料金設定ですが、v6アルファは月額500円(税抜)のサービスなので、上記の表の料金に+500円(税抜)となることに注意しましょう。

ちなみにv6アルファでは専用の無線LANルーターが提供される他、専用アプリにより通信量・接続中の機器を確認できたり、セキュリティ対策ができたりするメリットもあります。より充実したインターネット体験を行いたい方は、OCN光によるv6アルファも検討してみましょう。

なおOCN光にはキャリアスマホとのセット割がありませんが、格安SIM・OCNモバイルONEの月額料金を200円(税抜)×5回線まで割引にできます。V6プラス相当のサービスによる快適なインターネットに加えてスマホ代を削減したい場合は、OCN光と合わせてOCNモバイルONEを利用しましょう。

4.まとめ

v6プラスを利用すれば、インターネットの通信速度を改善することができます。現在使っているインターネット回線の速度が遅く不満な場合は、v6プラス対応のインターネット回線に乗り換えを検討してみましょう。

ドコモユーザーならドコモ光をGMOとくとくBBで契約、auユーザーならSo-net光、ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がおすすめです。V6アルファによるセキュリティ対策や通信量チェック、Wi-Fiルーターのレンタル提供などに魅力を感じた方は、OCN光を選ぶのも良いでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です