【プロが解説】戸建てのインターネット回線!最安値がこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
戸建て最安画像

「自分に合った戸建てでの最安値インターネット回線が知りたい!」なんてことはありませんか?

インターネット回線サービスの料金は、月額基本料だけでなくキャッシュバックや割引のキャンペーン、工事費などの初期費用、そして住んでいるエリアやスマホによっても変わるので、一番お得なところは人それぞれです。ここでは戸建てタイプのインターネット回線について、ケース別の最安を紹介します。

自分に合ったお得なところが見つかりますよ!

1.戸建てのインターネット回線最安値をケース別に紹介!

まずは戸建てのインターネット回線の最安値を、「2年間の実質料金」と「スマホのセット割」でそれぞれ見てみましょう。

1−1.月額料金最安インターネット回線がこれ

まずは「2年間の実質料金」で比較した結果からです。

なお「実質料金」とは、月額基本料からキャッシュバックや割引を引き、工事費等の初期費用を足した、「2年間に実質支払う利用料金」のことです。

そして条件は次の通りとしました。

  • サービス毎に公式サイトから申し込んだ場合で比較
  • 新規申し込み
  • ネットのみ、オプションなしの料金で比較
  • キャンペーンは新規申込でオプション加入の条件がないものだけ
  • キャッシュバックは新規申込でオプション加入なしで現実的な条件のものだけ
  • ケータイのセット割は計算に入れない

2年間トータルでお得な最安インターネット回線のランキングは次の通りです。

順位 サービス名 月額基本料 CB 初期費用 実質料金 その他特典
(月額) 2年計 工事費 事務手数料
1 NURO光 4,743 80,676 33,000 0 3,000 50,676 ※月額料金1年間1,980円
2 @nifty光 4,600 105,800 30,100 18,000 2,000 95,700 開通月無料(3年プラン)
3 ビッグローブ光 4,980 119,520 25,000 0 3,000 97,520 (3年プラン)
4 ぷらら光 4,800 115,200 35,000 18,000 0 98,200
5 So-net光 5,580 133,920 48,000 24,000 3,000 112,920
6 ドコモ光 5,200 124,800 10,000 0 3,000 117,800
7 エキサイト光 4,360 104,640 0 18,000 1,000 123,640
8 auひかり 5,050 121,200 0 0 3,000 124,200 ※月額料金は2年平均
9 ソフトバンク光 5,200 124,800 20,000 24,000 3,000 131,800
10 OCN光 5,100 122,400 0 18,000 3,000 143,400

1位:NURO光

1位はダントツでNURO光です。

NURO光はなんといっても「月額基本料が1年間1,980円」で「キャッシュバックも33,000円と多い」、そして「工事費が実質無料」なことが要因でとても安くなっています。ただし、NURO光の提供エリアは「関東1都6県」、「東海4県」、「関西2府3県」、「九州2県」とまだまだ狭いことがネックです。

2位:@nifty光

2位の@nifty光は他と違って「工事費実質無料キャンペーンがない」のですが、「開通月の月額基本料が無料」、「月額基本料が最安」、「キャッシュバックも多い」ことからトータルで安くなっています。

ただし月額基本料やキャッシュバック額は3年プランのものです。途中で解約すると違約金が20,000円かかってしまうことは押さえておきましょう。

3位:ビッグローブ光

3位のビッグローブ光で、「キャッシュバックが多め」、「工事費が実質無料」なことから上位になっています。ただしこちらも3年プランの場合で、途中で解約すると違約金が20,000円かかってしまうことに注意しましょう。

4位:ぷらら光

4位のぷらら光は「工事費が掛かる」のですが、「月額基本料が安い」、「キャッシュバックも多い」ことから安くなっています。

5位:So-net光

最後に5位のSo-net光は、「月額料金が5,580円/月と一番高額」で「工事費が24,000円掛かる」のですが、「キャッシュバックが48,000円と一番多い」こと、「月額2,000円の割引がある」ことで上位になっています。

以上5位までを紹介しました。このように実質支払う額で比較すると、本当にお得なところが見えてきます。なお、新規申し込みで分からないこと、気になることがある場合には、無料のインターネット相談窓口に相談しましょう。

1−2.スマホ割等状況に合わせると・・

次にスマホ割についてみてみましょう。

(1)スマホがDocomoの場合

スマホがドコモの場合には、ドコモのスマホが割引になるインターネット回線サービスを選ぶのがお得です。代表的なのは「ドコモ光」でドコモ光であれば、毎月100円から最大3,500円、スマホ代から割引を受けることができます。

また、ネット使い放題のスマホプラン「ギガホ」や、データ量を使った分に応じて料金が決まる「ギガライト」であれば、ファミリー割引グループ内の家族も含めて「永年各1,000円割引」になるのでさらにお得です。

(2)スマホがソフトバンクの場合

次にスマホがソフトバンクの場合には、ソフトバンクのスマホ割「おうち割 光セット」が適用できるインターネット回線サービスを選ぶのがお得です。おうち割 光セットはインターネットと携帯をセットで契約すると、「利用中のパケット定額サービスに応じて携帯電話の利用料から毎月最大500円または1,000円割引」を受けることができます。

ソフトバンクのスマホ割引「おうち割 光セット」が受けられるのは「ソフトバンク光」や「NURO光」なので、ソフトバンクスマホのユーザーはこれらの2つを候補にあげましょう。

(3)スマホがauの場合

最後にスマホがauの場合には、auのスマホ割「auスマートバリュー」が適用できるインターネット回線サービスを選ぶのがお得です。auスマートバリューは、セットで利用すると「利用中のプランに応じて携帯電話の利用料から最初の2年間は毎月500円~2,000円、それ以降は500円~1,000円割引」を受けることができます。

auのスマホ割引「auスマートバリュー」が受けられるのは「auひかり」や「@nifty光」、「ビッグローブ光」や「So-net光」なので、auスマホのユーザーはこれらの4つを候補にあげましょう。

2.エリアや状況によって最安値は変わってくる!

電力系の回線が利用できる地域や格安SIMを利用している場合には最安値が変わってくることがあります。それぞれ見てみましょう。

2−1.電力系の回線が引ける地域の場合NTT回線よりも安くなることも・・

電力系インターネット回線とは、電力会社系列の企業が提供しているインターネット回線サービスのことで、自社で引いた回線を利用しているので光コラボよりも月額料金が安いという特徴があります。また電力系はauスマートバリューが適用できるため、auスマホユーザーにはお得です。

電力系のインターネットサービスを行っているのは全部で5社で、それぞれのサービス名とグループ名、提供エリアは次の通りです。

サービス名 グループ名 提供エリア
コミュファ光 中部電力 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
Eo光 関西電力 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、福井県、和歌山県
MEGAEGG 中国電力 広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県
Pikara 四国電力 香川県、愛媛県、徳島県、高知県
BBIQ 九州電力 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

提供エリアに住んでいるauスマホユーザーは、一度サイトをのぞいてみるとよいでしょう。なお、電力系インターネット回線で分からないことがあった場合には、無料のインターネット相談窓口に相談しましょう。

2−2.格安SIMやスマホの利用状況によって最安値が変わることも・・

次に格安SIMを利用している場合には、光回線とのセット割を受けることができる場合があります。そもそも格安SIMは、使っているだけでドコモやソフトバンクな、auといった有名キャリアよりもスマホの月額料金が安くなっています。

そのためセット割が適用できるともっとお得になると考えてしまいがちですが、実はキャッシュバックや工事費、月額料金なども含めて考えると、割引率の低い格安SIMは、全てがお得というわけではありません。

格安SIMの割引が受けられるインターネット回線サービスの詳細は、次の通りです。

格安SIM名 サービス名 戸建月額料金 月当たり割引額 最大割引回線数
OCNモバイルONE OCN光 5,100円 200円 5回線
IIJmio IIJmioひかり 4,960円 600円 1回線
BIGLOBEモバイル(タイプD) BIGLOBE光 4,980円 300円 1回線
DMMモバイル DMM光 4,820円 500円 1回線
NifMo @nifty光 5,200円 200円 1回線
UQモバイル enひかり 4,300円 100円 1回線

現在のところキャッシュバックや工事費の無料キャンペーンはありませんので、月額料金が安い「enひかり」であれば検討するのもよいでしょう。なお、格安SIM系セット割のことで分からないことがあった場合にも、無料のインターネット相談窓口に相談しましょう。

3.モデルケースで紹介!最安値

最後にモデルケース別に最安インターネット回線を紹介します。

3−1.東海地方(コミュファ フレッツエリア )ワイモバイルスマホ5台の場合

まずは東海地方に住んでいる、家族でワイモバイルスマホ5台(スマホプランL)を持っている場合の2年間の実質料金を見てみます。

順位 サービス名 スマホ割前

実質料金

オプション

2年間料金

スマホ5台

2年間費用

スマホ割5台

2年間割引額

スマホ割後

実質料金

1 ソフトバンク光 124,800 12,000 657,600 120,000 681,400
2 NURO光 50,676 657,600 708,276
3 @nifty光 95,700 657,600 753,300

ワイモバイルスマホはソフトバンク光利用で「おうち割 光セット」が適用できることから、先ほどのランキング上位2つとソフトバンク光を比較してみました。

結果、おうち割 光セットの適用には毎月500円のオプションに加入しなければなりませんが、これを差し引いても「ソフトバンク光」を利用すれば「インターネット利用料+スマホ利用料-スマホ割」で2位のNURO光よりも2年間で2.5万円程度お得になるので、このケースでは「ソフトバンク光」がおすすめです。

なお、NURO光ではワイモバイルにおうち割を適用させることはできませんので注意してください。

3−2.関東地方(フレッツ NUROエリア)auスマホ5台(データ定額3)の場合

次に関東地方に住んでいる、家族でauスマホ5台(データ定額3)を持っている場合の2年間の実質料金を見てみます。

順位 サービス名 スマホ割前

実質料金

オプション

2年間料金

スマホ

2年間費用

スマホ割

2年間割引額

スマホ割後

実質料金

1 auひかり 124,200 12,000 504,000 112,080 528,120
2 NURO光 50,676 504,000 554,676
3 @nifty光 95,700 504,000 599,700

auスマホはauひかりの利用で「auスマートバリュー」が適用できることから、先ほどのランキング上位2つとauひかりを比較してみました。

結果、auスマートバリューの適用には毎月500円のオプションに加入しなければなりませんが、これを差し引いても「auひかり」を利用すれば「インターネット利用料+スマホ利用料-スマホ割」で2位のNURO光よりも2年間で3.5万円程度お得になるので、このケースでは「auひかり」がお勧めになります。

なお、このようなケース別のお得なインターネット回線に関する相談も、相談窓口では受け付けていますので、気軽に電話してみましょう。

4.まとめ

以上戸建てタイプの場合のケース別インターネット回線最安を紹介しました。

使っているスマホ、住んでいるエリアなどによって最安は変わってきますが、まずは同じ条件で比較した今回の結果をもとにして、自分に合った最安を探せばきっと一番お得なところが見つかるでしょう。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*