インターネットの基礎知識

【初めての一人暮らし】インターネット回線のわかり易い選び方

ネット選び画像

初めての一人暮らし。もちろんインターネット回線は必要です。しかしいざ選ぶとなった時、何を基準にしたらいいか分からない方が多いのではないでしょうか?あまり調べず目に入ったものにつられて申し込んでしまうと、損をしたり生活スタイルに合わなかったりなんてことも…。

ここではそんな一人暮らしを始める方に向けて、それぞれに合ったお得なインターネット回線の選び方を、様々な角度から紹介します。

どこにするか悩んでいる人は必見ですよ!

1. 初めてでも安心!インターネット回線の選び方とは

始めにインターネット回線を選ぶ際のポイントについて解説します。インターネット回線の種類や携帯電話とのセット割、そしてキャッシュバックやキャンペーンについてまずは押さえましょう。

1ー1.インターネット回線の種類を知る

普段何気なく使っているインターネットですが、回線にはいくつか種類があるのをご存知ですか?インターネット回線を選ぶには、種類ごとの違いを理解して「どの回線にするか?」を選択する必要があります。そのためにまずは回線ごとの違いについて確認しましょう。

インターネット回線で主に使われるものは、「モバイル回線」と「光回線」です。その他「ADSL」や「ケーブルTV」もありますが、ADSLは徐々に廃止されていますし、ケーブルTVは通信速度が遅い割に料金は安くないので、ここでは説明を省きます。

1-1-1. モバイル回線とは?

「モバイル回線」とは、無線通信をする回線のことです。そもそも「モバイル(mobile)」という言葉は「自由に動く」とか「移動式の」という意味で、通常通信をするには有線と無線の2種類がありますが、線があっては当然自由に持ち運びができませんので、モバイル回線=(イコール)無線通信ということなのです。

モバイル回線は無線通信なので、配線工事が必要ありません。つまり、建物に穴を開けたりその許可を管理会社に確認したりする必要がないのです。また、工事が必要ないので申し込みから利用開始までが早く、最短当日から利用開始ができます。

ただし無線通信ですので後で述べる光回線に比べると通信速度は劣り、安定感にも欠けます。また、「使い放題」プランであっても3日間で10GBを超えて利用するとそれ以降速度制限が掛かる形となっており、これはどのサービス提供先であっても同じなので注意が必要です。

まとめるとモバイル回線のメリット・デメリットは次の通りです。

内 容
メリット・工事が必要ない

・利用料金が安い

・すぐに利用開始できる

・外出先でも利用できる

デメリット・通信速度が光回線に比べて遅い

・速度制限がある

・通信の安定性に欠ける(特に建物内に弱い)

つまり、申し込んだらすぐ使いたい、多少遅くてもいいから安く使いたい、工事をしたくないといった人にはモバイル回線が合っていると言えます。

1-1-2. 光回線とは?

「光回線」とは、光ケーブルを使って通信をする回線のことを言い、これを利用した場合、基地局と自宅は電線等を通った光ケーブルで繋がります。

つまり配線工事が必要ということで、工事には費用が掛かり(キャンペーンで工事費無料となっている所が多いですが)、工事を行うまでに約1か月前後の時間も掛かります。また、戸建ての場合には建物に穴を開ける必要があり、貸家だと管理会社の許可も必要になります。

ただし通信速度や通信の安定性はモバイル回線よりも勝り、月々の費用は高めですが、基本「使い放題」で使用量による速度制限が掛かることはありません。

まとめると光回線のメリット・デメリットは次の通りです。

内 容
メリット・高速通信

・速度制限がない

・安定感がある

デメリット・利用料金が高い

・工事が必要な場合がある

・利用開始までに時間がかかる(約1か月程度)

・外では利用できない

つまりオンラインゲームや高画質の動画閲覧をよく行う人のような、多少費用が高くても通信速度や通信の安定性を求めるヘビーユーザーには光回線の方が合っていると言えます。

1-2.携帯電話とのセット割を知る

「auスマートバリュー」や「ソフトバンクのおうち割」といった言葉を聞いたことはありませんか?今インターネット回線サービスでは、「携帯電話とのセット割」を行っているところがとても多く、これはかなりお得なサービスとなっています。

では大手キャリア3社のセット割をみてみましょう。

1-2-1.ドコモ光のセット割+ずっとドコモ割プラスとは?

ドコモ光の携帯電話とのセット割は、「利用中のデータパックに応じて携帯の利用料金から毎月100円~最大3,500円の割引」を受けることができます。

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/より引用

また、長期利用者にはずっとドコモ割プラスでさらに「毎月100円~最大2,500円の割引」を受けることができます。

例えば「データMパック」利用、ドコモケータイ利用歴10年の独身の人の場合は、ドコモ光のセット割で毎月800円、さらにずっとドコモ割プラスで毎月100円の毎月計900円、携帯電話の利用料から割引を受けることができます。

「たった900円?」と思う人もいるかもしれませんが、毎月900円ということは年間で10,800円、5年間で54,000円です。こう考えるとこのサービスがあるのとないのでは全然違うということが分かると思います。

1-2-2.ソフトバンクの「おうち割」とは?

ソフトバンクの「おうち割」はもっと強力です。セットで利用すると「利用中のパケット定額サービスに応じて携帯電話の利用料から毎月最大540円または1,080円割引」を受けることができます。

https://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/ouchiwari-hikari/より引用

さらに「おうち割」は、家族全員に適用することができ、例えば家族4人全員がソフトバンクケータイだと、毎月最大4,320円の割引が受けられるのです。ソフトバンクユーザーはぜひ利用したいサービスですね。

1-2-3.auスマートバリューとは?

auの「auスマートバリュー」もお得です。auの場合には適用に条件がありますが、セットで利用すると「利用中のプランに応じて携帯電話の利用料から最初の2年間は毎月500円~2,000円、それ以降は500円~1,000円割引」を受けることができます。

https://www.au.com/mobile/charge/charge-discount/smartvalue/より引用

そしてauスマートバリューも最大10回線まで適用可能です。例えば家族4人全員がauケータイで「auフラットプラン」を利用していた場合には、毎月1,000円×4人の計4,000円の割引が受けられるのです。

1-3.キャッシュバックやキャンペーンを知る

申込みをすることで貰えるキャッシュバックや、条件を満たすことで受けられる割引のキャンペーンなども、サービスをお得にしてくれる重要な要素です。しかし一目見て良さそうだからといってすぐに申し込んではいけません。キャッシュバックやキャンペーンには選ぶポイントがあるのです。

まず一つ目のポイントですが、キャッシュバックやキャンペーンの内容は、申込み先によって違うって知っていましたか?
ちろんドコモ光とソフトバンク光など、サービスの提供先が異なれば違うのも当たり前ですが、例えば同じドコモ光への申込みでも、申込み先によって違うのです。

なぜなら申込み先には「公式サイト」や「店舗」の他に「代理店」というものがあり、キャッシュバックやキャンペーンは、「サービス提供先の公式」の他に「代理店独自」のものがあって、公式の方はどこの申込み先からでも同じですが、代理店独自の方が代理店によって内容が異なっているからです。

ですから複数の申込み先を確認し、キャッシュバックやキャンペーンの内容を比較するのがお得な申し込み方なのです。

次に二つ目のポイントは、キャッシュバックについて「金額」の他に「手続きの手間」や「貰える時期」もチェックすることです。

なぜならキャッシュバックは必ず受け取れるものとは限らず、手続きをしなければ貰えないからです。そのためひどいケースでは、利用開始から1年経過した後に申し込み案内のメールを送ってきて1か月以内に手続きしなければ期限切れになってしまうとか、一部内容を間違って送ってしまうとその時点でキャッシュバックは受けられないといった所もあります。

また、反対にインターネット回線の申込みの際に口座番号を伝えれば手続き完了で、翌月末以降には支払われる、といった所もあります。いくらキャッシュバック額が高額でも貰えなければ意味がありません。ですから忘れない程度の期間内に手続きができ、手続き自体も簡単な所を選ぶようにしましょう。

2. 実践!インターネット回線を選ぶ手順

次に実際にインターネット回線を選ぶ際の手順についてです。大きく4段階に分かれますので、それぞれ見てみましょう。

2−1. インターネットの利用方法から絞り込む

始めに自分がどのようにインターネットを利用したいかをイメージしてみます。使い方によって「モバイル回線」か「光回線」かを判断するのです。

例えばインターネットの使い方としては次のようなものがあり、それぞれお勧めの回線の種類があります。

  • オンラインゲームをやりたい → 光回線
  • 株取引をしたい       → 光回線
  • 高画質の動画を見たい    → 光回線
  • 自分のサイトを運営したい  → 光回線
  • 通信量を気にせず使いたい  → 光回線
  • 家でしかネットは使わない  → 光回線
  • あまり使わないけど用意はしておきたい → モバイル回線
  • できるだけ安く済ませたい       → モバイル回線
  • すぐに使い始めたい          → モバイル回線
  • 工事は避けたい            → モバイル回線

このように、主にどういうことをしたいかをイメージし、複数あった場合にはどれを最優先にするかを決めましょう。

2−2. どんなインターネット回線が利用出来るか確認

モバイル回線か光回線かを決めたなら、次にどんなインターネット回線が利用できるかを確認します。地域によってはモバイル回線が利用できない、光回線が利用できないといったこともあるからです。

そこで使えるかどうかの「エリア確認」を行います。確認できるサイトはそれぞれ次の通りです。

・フレッツ光およびドコモ光、ソフトバンク光等の光コラボ

東日本エリア:https://flets.com/ftv/area.html
西日本エリア:https://flets-w.com/opt/ftv/area/

・auひかり
https://www.au.com/internet/?bid=we-we-gn-2107

これで一人暮らしをしようとしている場所・建物で、どのインターネット回線が提供可能となっているかを確認します。

2−3.自分の携帯電話のセット割などの確認

次に自分の携帯電話のセット割を行っている所を確認して、絞り込みを掛けます。なお、キャリアごとの主なサービス提供先は次の通りです。

キャリア主なサービス提供先
docomoドコモ光
ソフトバンクソフトバンク光、NURO光
auauひかり、ビッグローブ光、コミュファ光、So-net光、

eo光、UQ WiMAX、GMOとくとくBB WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAX

例えばキャリアがdocomoであればドコモ光がお得となりますし、ソフトバンクであればソフトバンク光かNURO光がお得となります。ただし、モバイル回線のWiMAXはセット割の対象がauのみですので、キャリアがau以外の場合にはセット割を受けることはできません。

2−4.キャッシュバックやキャンペーンの確認

最後に、絞り込んだサービス提供先に申込みできるサイトを確認します。先ほども述べたように、1つのサービス提供先に対して申し込み窓口は複数あります。それぞれでキャッシュバック額やキャンペーンの内容が違うので、一通り確認してみてください。

なお、キャッシュバックやキャンペーンを確認する際には、「手続きの手間」や「貰える時期」についてもチェックするようにしましょう。そして最も使い勝手に合っている、お得だと感じた所を選べばよいのです。

3. わかりやすく実際のモデルケースで紹介!

最後に実際のモデルケースでおすすめのインターネット回線を探してみましょう。

3−1.初めて一人暮らしをするAさんの場合

【Aさんの情報】

インターネットの用途/要望:オンラインゲームetc
インターネットの利用場所:家でしかネットは使わない
引っ越し先:東京都
携帯:auスマホ

まずは「インターネットの利用方法から絞り込む(2-1.)」ことをします。このモデルケースではオンラインゲームを行い、家でしかネットは使わないので、「光回線」が合っています。

次に「どんなインターネット回線が利用出来るか確認(2-2.)」します。引っ越し先が東京都なので、「フレッツ光および光コラボ」と「auひかり」のどちらでも可能でしょう。

そして「自分の携帯電話のセット割などの確認(2-3.)」では、携帯がauスマホなので、auひかりやビッグローブ光、コミュファ光といったところが候補にあがります。

最後に「キャッシュバックやキャンペーンの確認(2-4.)」を行い、最もお得な所を選びます。今回の条件では候補がたくさんあるので多少絞って載せてみると、次の通りとなります。

(1)auひかり(代理店NEXT)

  1.  【独自+公式】43,000円キャッシュバック(手続きは申し込み時に完結・翌月末振込み)
  2.  【公式】初期工事費用実質0円

(2)auひかり(公式サイト)

  1.  【公式】10,000円キャッシュバック(手続きは申し込み時に完結・5か月目末日以降振込み)←ただしプロバイダーを「au one net」とし、ネット+電話の新規加入で適用
  2.  【公式】初期工事費用実質0円

(3)ビッグローブ光(代理店NEXT)

  1. 【独自+公式】25,000円キャッシュバック+工事費無料

以上の(1)~(3)を比較すると、(1)の「auひかりを代理店のNEXTから申し込む」のが一番お得ですとなりそうです。

3−2.転勤が多いBさんの場合

【Bさんの情報】
インターネットの用途/要望:すぐに使い始めたい
インターネットの利用場所:外出先でも使う
引っ越し先:大阪府
携帯:docomo スマホ

やはりまずは「インターネットの利用方法から絞り込む(2-1.)」ことをします。このモデルケースではすぐに使い始めたく、家外出先でもネットを使うので、「モバイル回線」が合っています。

次に「どんなインターネット回線が利用出来るか確認(2-2.)」します。こちらも引っ越し先が大阪府なので、「WiMAX」を利用することが可能でしょう。

そして「自分の携帯電話のセット割などの確認(2-3.)」では、携帯がdocomoなので、WiMAXを利用したいとなった場合にはセット割を利用することができません。

最後に「キャッシュバックやキャンペーンの確認(2-4.)」を行い、最もお得な所を選びます。今回の条件でも候補がたくさんあるので多少絞って載せてみると、次の通りとなります。

(1)BIGLOBE WiMAX

  1. 端末代無料(20,000円相当)
  2. 月額料金値引き(38,570円相当)
  3. 30,000円キャッシュバック(利用開始から12か月目に手続き)
  4.  初期費用0円
  5.  8日以内ならキャンセルOK

(2)GMOとくとくBB WiMAX

  1.  端末代無料(20,000円相当)
  2.  月額料金値引き(30,808円相当)
  3.  5,000円キャッシュバック(端末発想月を含む11か月目に手続き)
  4.  初期費用0円
  5.  20日以内ならキャンセルOK

(3)Broad WiMAX

  1.  端末代無料(20,000円相当)
  2.  学生限定 月額料金値引き(6,165円相当)
  3.  初期費用0円(18,857円相当)
  4.  8日以内ならキャンセルOK

以上の(1)~(3)を比較すると、(1)の「BIGLOBE WiMAXへ申し込む」のが一番お得です。

4. まとめ

以上初めて一人暮らしをされる方に向けて、インターネットの選び方と選ぶ手順、そして実際のモデルケースを用いての解説をしました。

これで選ぶ際のポイントや選ぶ時の手順、流れが分かったと思います。最適なサービスを効率的に選び出すためには紹介した方法が一番です。ぜひ活用して自分に合った一番お得なインターネット回線を見つけてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です