フレッツADSLのサービス終了!光回線への乗り換えが出来ない場合どうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
フレッツadsl画像

「フレッツADSLが終了したらどうしよう…」そんな悩みをお持ちではありませんか?

ADSLサービスはこの所次々と終了を打ち出しており、フレッツADSLも例外ではありません。ここではフレッツADSLのサービス終了時期と終了した場合にどうなるのか、そしておすすめの光回線乗り換え先と光が通っていない場合の対処法について詳しく解説します。

これでフレッツADSLが終了しても慌てず乗り換えることができるようになりますよ!

1.フレッツADSLのサービス終了

始めにフレッツADSLがいつ終了するのかを見てみましょう。フレッツADSLはすでに2023年1月31日をもってサービスを終了することがNTT東日本およびNTT西日本から発表されています。

※NTT東日本サイトより引用(https://flets.com/adsl/

つまり後4年弱で終わってしまうということです。なお、フレッツADSLへの新規申し込みは2016年6月30日で終了しており、すでに新しく申し込むことができません。

しかし全国すべての地域でフレッツ光が利用できるわけではありませんよね。そのためフレッツADSLサービスの終了と新規申し込み受付終了の対象は、あくまでも「フレッツ光提供エリア」となっており、フレッツ光が通っていない地域は今後もサービスを続けることになっています。

つまり、フレッツ光提供エリアに住んでいてADSLサービスを利用している場合には2023年1月31日で終了しますが、提供エリア外の人はひとまず今後もサービスを継続して利用することができるということです。

2. フレッツADSLが終了したらどうなるのか?!

ではフレッツADSLサービスが終了してしまった場合には、どのようにすればいいのでしょうか?ADSLサービスの終了を見越して今後もインターネットを利用できる環境を継続するため必要なのが、「別のサービスへの乗り換え」です。

現在乗り換え先としては主に「光回線」と「モバイル回線」があり、それぞれメリット・デメリットがあります。利用状況によって合う、合わないがありますので、まずはそれぞれの特徴を見てみましょう。

2-1.光回線

光回線の特徴は、「有線通信であり配線工事が必要である」こと、「利用料金がモバイル回線に比べて高い」こと、「通信速度が速く安定している」こと、「基本的に使い放題である」ことの4つです。

まず光回線は、もともと光ケーブルで自宅と基地局を繋ぐことで高速通信を可能としているため配線工事が必要になっており、これは光回線のデメリットになる部分です。なぜデメリットになるかというと工事には基本的に時間と費用がかかるからで、まず開通工事には申し込みから工事実施までに約2週間~1か月程度かかります。

これは工事の順番待ちによるもので、引っ越しの多い2月から3月にはさらにもう少し時間がかかってしまうようです。そして費用の面ですが、フレッツ光では新規申し込みで戸建て住宅の場合18,000円、集合住宅の場合15,000円の工事費が掛かります。

ただしADSLから光に乗り換える方にはこの工事費が無料になるキャンペーンが行われているので、乗り換えの場合には工事費用は掛からないと思ってください。また、光回線の月額利用料はモバイル回線よりも高くなっており、この点も光回線のデメリットとなっています。

しかし光回線には2つの大きなメリットがあります。

それはまず「通信速度が速く安定している」ことです。光回線は最大1Gbps以上の通信能力を持っており、これはモバイル通信よりも速いです。また、安定性の面でも途中で途切れることがなく快適に利用できます。そのためオンラインゲームをしたり株取引を行ったりする場合には、光回線が向いています。

また2つ目のメリットとして挙げられるのが、「基本的に使い放題」な点です。後で詳しく解説しますが、モバイル回線は使い放題プランでも制限があります。これに対して光回線は使い放題プランでの制限がなく、結果インターネットをよく使う人には光回線がお勧めになります。

つまり光回線は「インターネット利用時の快適さ」がモバイル回線よりも上回るということです。

2-2.モバイル回線

モバイル回線の特徴は、「無線通信で配線工事の必要がない」こと、「利用料金が光回線に比べて安い」こと、「通信速度や安定性は光回線に劣る」こと、「使い放題プランでも利用料に制限がある」ことです。

そもそもモバイル回線とは無線で通信をする回線のことで、配線工事が必要ありません。これがモバイル回線の大きなメリットになっており、配線工事が必要ないということは、まず申し込みから利用開始が早く最短翌日となっています。そして当然工事費も掛かりません。

また、モバイル回線は光回線よりも月額利用料が安く設定されています。しかしモバイル回線には「利用上の快適さ」が光回線よりも劣ります。

具体的にはまず「通信速度や安定性が光回線よりも劣る」点です。モバイル回線は基本的に遮蔽物に弱く、最大通信速度が速くても屋内ではその能力を十分に発揮できません。そのため通信が遅かったり途切れてしまったりすることがあり、この点では光回線に劣ります。

また、もう一つのデメリットが「使い放題プランでも利用制限がある」ことです。どのモバイル回線でも「3日間で10GBを超えて利用するとそれ以降速度制限が掛かる」形となっており、ヘビーユーザーには辛い点です。

つまりモバイル回線は「すぐに利用できて月額料金も安いが、利用上の快適さは光回線に劣ってしまう」ということです。このように「利用開始の速さ」や「月額料金の安さ」よりも「利用上の快適さ」を求めるのであれば、光回線へ乗り換えたほうがよいのです。

3. 光回線の乗り換えが出来る場合 おすすめ3選

フレッツADSLから光回線への乗り換える場合には、どこが一番お得なのでしょうか?

ここでは光回線とセットで携帯/スマホ月額料金が安くなるお得な割引サービスを行っている中で、キャリアごとに一番サービスのよい乗り換え先3社を紹介します。

3−1. ドコモ光

まずドコモユーザーにおすすめなのが「GMOとくとくBB」から申し込むドコモ光で、おすすめのポイントは「携帯/スマホの月額料金が安くなる」こと、「キャッシュバックやdポイントがもらえる」こと、「Wi-F-ルーターレンタル料が0円である」ことです。

まず、ドコモ光+GMOとくとくBBの料金や費用は次の通りです。

回線名 費用
一戸建て(円/月) マンション(円/月) 工事費

(円)

初期費用

(円)

ドコモ光 5,200 4,000 無料 3,000

そしておすすめの理由一つ目の「携帯/スマホの月額料金が安くなる」ですが、2019年6月1日から提供が開始されるネット使い放題のドコモ光の新形態プラン「ギガホ」や、データ量を使った分に応じて料金が決まる「ギガライト」であれば、「ファミリー割引グループ内」の家族も含めて永年各1,000円割引になります。

毎月家族も含めて1人1,000円割引になるのは大きいですよね。また、おすすめの理由二つ目の「キャッシュバックやdポイントがもらえる」では、GMOとくとくBBからドコモ光に申し込むことによって最大15,000円のキャッシュバックとdポイント最大20,000円が貰えます。しかもキャッシュバックが利用開始から最短5か月後に貰えるなんてうれしいですよね。

そしておすすめの理由三つ目の「Wi-F-ルーターレンタル料が0円である」ですが、IPv6対応の高性能Wi-Fiルーターが無料で借りられます。インターネットを自宅内で無線化したい場合でもWi-Fiルーターを買わなくて済むのでとても助かります。

ドコモユーザーが携帯/スマホ料金の割引を受けられる「ドコモ光」はこのように、安心なキャッシュバックが受けられるGMOとくとくBBからの申込みがお得ですので、下のリンクをクリックして検討をしましょう。

3−2. ソフトバンク光

ソフトバンクユーザーには㈱NEXTから申し込む、ソフトバンクの携帯セット割が使える「ソフトバンク光+Yahoo!BB」がおすすめで、ポイントは「携帯/スマホの月額料金が安くなる」こと、「キャッシュバックやWi-F-ルーターがもらえる」ことです。

まず、ソフトバンク光+Yahoo!BBの料金や費用は次の通りです。

回線名 費用
一戸建て(円/月) マンション(円/月) 工事費

(円)

初期費用

(円)

ソフトバンク光 5,200 3,800 実質無料 3,000

 

そしておすすめの理由一つ目の「携帯/スマホの月額料金が安くなる」ですが、ソフトバンクのセット割引「おうち割」で「利用中のパケット定額サービスに応じて携帯電話の利用料から毎月最大500円または1,000円割引」になります。こちらも毎月家族も含めて1人500円~1,000円割引になるのはうれしいですよね。

また、おすすめの理由二つ目の「キャッシュバックやWi-F-ルーターがもらえる」では、㈱NEXTから「ソフトバンク光+Yahoo!BB」に申し込むことによって最大35,000円のキャッシュバックか、最大30,000円のキャッシュバック+Wi-Fiルーターが貰えます。しかも利用開始から最短2か月後に貰えますよ。

ソフトバンクユーザーは携帯セット割が受けられる「ソフトバンク光+Yahoo!BB」をキャッシュバックが簡単・お得な㈱NEXTから申込むのがお得ですので、検討してみましょう。

3−3. auひかり

auユーザーには㈱NEXTから申し込む、携帯セット割を使える「auひかり+@nifty」がおすすめで、ポイントは「携帯/スマホの月額料金が安くなる」こと、「キャッシュバックがもらえる」ことです。

まず、auひかり+@niftyの料金や費用は次の通りです。

回線名 費用
一戸建て(円/月) マンション(円/月) 工事費

(円)

初期費用

(円)

auひかり 5,100 3,800 実質無料 3,000

おすすめの理由一つ目の「携帯/スマホの月額料金が安くなる」ですが、auのセット割引「auスマートバリュー」で「利用中のプランに応じて携帯電話の利用料から最初の2年間は毎月500円~2,000円、それ以降は500円~1,000円割引」になります。特に始めの2年間が毎月最大2,000円割引になるのはすごいですよね。

また、おすすめの理由二つ目の「キャッシュバックがもらえる」では、㈱NEXTから「auひかり+@nifty」に申し込むことによって最大50,000円のキャッシュバックが貰えます。しかもこちらは利用開始から最短1か月後に貰えますよ。

auユーザーは携帯のセット割が受けられる「auひかり+@nifty」をキャッシュバックが安心な㈱NEXTから申し込むのがお得ですので、検討してみましょう。

4. 光が通ってない!ADSLサービス終了のその後の対処法

最後に光回線が通っていない場合のADSLサービス終了後の対処法についてみてみましょう。前に説明したようにフレッツADSLサービスは、2023年1月31日をもって終了します。

しかしフレッツ光が通っていないエリアにおいては、NTTは今後もADSLサービスを提供していくと発表しています。そのため今フレッツADSLを利用していて住んでいる地域にフレッツ光が通っていない場合には、基本的にADSLをそのまま利用できるということです。

ただしこれはあくまで「フレッツ光が通っていない場合」であって、今現在通っていなくてもこれから先光回線が敷かれてフレッツ光が利用できるようになった場合には、そのエリアのフレッツADSLサービスはじきに終了してしまいます。

ですからフレッツ光の通っていないエリアでADSLサービスを利用している方はサービスが終了する前には必ず案内が来るので、NTTからの郵便物にはいつもしっかりと目を通すようにしましょう。そして乗り換えの際には先ほど紹介した中から自分の携帯/スマホキャリアに合ったところを選ぶとよいでしょう。

5.まとめ

以上フレッツADSLのサービス終了と光回線への乗り換えについて、詳しく解説しました。

ADSLは光回線よりも通信速度が遅いため、光回線に乗り換えるとぐっと使い心地がよくなるはずです。できればADSLのサービスが終了してからではなく、早めに光回線へ乗り換えることをおすすめします。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*