光コラボ

【2020年最新】光コラボの最安はどこ?マンションと戸建て別に紹介

光コラボ最安画像

現在フレッツ光を契約している人の中には、「そろそろ光コラボに乗り換えたいな」と思っている人もいるでしょう。

せっかくなら、少しでも安い光コラボと契約したいですよね。

この記事では、2020年最新の最も安く契約ができる光コラボを紹介します。

しかし、大前提なのですが、契約者の条件によって「最も安い」光コラボは異なります。

なので、あくまでも「安くなる可能性が最も高い」光コラボを提案します。

先に結論です。

現在、大手キャリアのスマホを使っている人は戸建、マンションにかかわらず、以下の光コラボを選べば最安になる可能性が高いです。

利用している
スマホのキャリア
光コラボ
ドコモドコモ光
auSo-net光プラス
ビッグローブ光
ソフトバンク(ワイモバイル)ソフトバンク光

また、それ以外の格安SIMなどを使っている場合は、

  • 戸建住宅なら…@スマート光
  • マンションなら…enひかり

を選ぶのがおすすめです。

その理由も追って説明していきますね。

1.【2020年最新】光コラボの最安はどこ?光コラボ業者の月額料金を比較

2020年4月現在、光コラボには実に600社以上が参入していると言われています。

そのすべてを比較することはできませんが、今回は知名度があり、実績もある光コラボを9社厳選して、月額料金を比較します。

これよりも安く提供している光コラボがあった場合は、信頼のおけるサービスかどうか見極めてから契約してくださいね。

せっかく光コラボにするんだから安い回線がいいよね。
ヒカリコンシェル編集部
ヒカリコンシェル編集部
そうだね。今回は光コラボの最安を比較していきますね。持っているスマホによっても変わってくるからぜひ参考にしてくださいね。

1−1.戸建てプラン

戸建プランの主要9社の月額料金は以下のとおりです。価格は税抜きです。

光コラボ主要9社の戸建プラン
光コラボ月額料金初期費用
(事務手数料)
工事費用スマホセット割
ドコモ光5,200円3,000円0円
(18,000円)
ドコモ
ソフトバンク光5,200円3,000円2,000円~
24,000円
(実質無料)
ソフトバンク
エキサイト
4,360円1,000円~
2,000円
18,000円
enひかり4,300円2,000円~
3,000円
2,000円~
15,000円
UQモバイル
OCN光5,100円3,000円2,000円~
18,000円
OCN
モバイルONE
@スマート
4,300円3,000円0円
(18,000円)
So-net
光プラス
2,980円
(3年目:5,580円)
3,000円24,000円
(実質無料)
au
@nifty光5,200円2,000円18,000円au
ビッグローブ光4,980円3,000円30,000円
(実質無料)
au
ビッグローブ
モバイル
平均4,791円1,000円〜
3,000円
0円〜
30,000円

※特に注意書きがない場合は、2年間契約での料金です。

光コラボの料金を比較するときは、月額の料金に加えて「事務手数料」「工事費用」、そして「セット契約で割引があるスマホ回線」を最低限確認しておきましょう。

戸建の月額料金が最も安いのはSo-net光プラス2,980円です。

しかし、3年目以降は一気に5,580円に上がるので注意が必要です。

So-net光プラス以外ではenひかり@スマート光4,300円で最安です。

今回の9社の月額料金の平均は4,791円。これを一つの基準にするとよいでしょう。

戸建プランの初期費用・工事費について

初期費用は3,000円のところが多いです。

工事費については、他の光コラボからの事業者変更、フレッツ光からの転用の場合は、各社とも無料です。

新規で回線工事をする場合、ドコモ光@スマート光キャンペーンで工事費が無料です(ドコモ光は期間限定の可能性あり)。

また、ソフトバンク光So-net光プラスビッグローブ光はキャッシュバックや毎月の割引によって、工事費が実質無料になります。

1−2.マンションプラン

続いて、マンションプランの月額料金を確認しておきましょう。

光コラボ主要9社のマンションプラン
光コラボ月額料金初期費用
(事務手数料)
工事費用スマホセット割
ドコモ光4,000円3,000円0円
(15,000円)
ドコモ
ソフトバンク光3,800円3,000円2,000円~
24,000円
(実質無料)
ソフトバンク
エキサイト
3,360円1,000円~
2,000円
15,000円
enひかり3,300円2,000円~
3,000円
2,000円~
15,000円
UQモバイル
OCN光3,600円3,000円2,000円~
18,000円
OCN
モバイルONE
@スマート光3,300円3,000円0円
(15,000円)
So-net
光プラス
1,980円
(3年目:4,480円)
3,000円24,000円
(実質無料)
au
@nifty光3,980円2,000円15,000円au
ビッグローブ光3,980円3,000円27,000円
(実質無料)
au
ビッグローブ
モバイル
平均3,877円1,000円〜
3,000円
0円〜
27,000円

※特に注意書きがない場合は、2年間契約での料金です。

マンションの場合も最も安いのはSo-net光プラス1,980円です(3年目以降は4,480円)。

enひかり@スマート光3,300円で続いているのは戸建と同じですね。

9社の平均は3,877円。この金額がひとつの目安になります。

マンションプランの初期費用・工事費について

工事費用は戸建よりも安い傾向にあります。

マンションの場合も、他の光コラボからの事業者変更、フレッツ光からの転用の場合は、各社とも、工事費用は無料です。

新規で回線工事をする場合、ドコモ光@スマート光キャンペーンで工事費は無料です(ドコモ光は期間限定の可能性あり)。

これも戸建のときと同じです。

ソフトバンク光So-net光プラスビッグローブ光はキャッシュバックや毎月の割引によって、工事費が実質無料になります。

1−3.まとめ

月額料金を戸建、マンションに分けて確認しましたが、どちらもSo-net光プラスが最安で、enひかり@スマート光が同額で続いているという結果でした(ただし、So-net光プラスは3年目以降の料金が高くなります)。

新規契約のときの工事費は、ドコモ光@スマート光キャンペーンで無料です。

ドコモの工事費無料キャンペーンは毎年3月を中心に行っているようです。

しかし、ここで見たのはあくまで「毎月の料金」です。

最安の光コラボを選ぶためには、他の条件も加味する必要があります

それは後ほど説明します。

2.どこが最安!?みんなの口コミや評判は

みなさんはどこの光コラボと契約しているのでしょうか。

少しだけ光コラボの料金に関する口コミを調べてみましょう。

いろいろな光コラボの名前が出ていますね。

ここで分かることは、口コミでは光コラボの最安を選ぶことができない、ということです。

その人によって環境や条件は変わるので、一概にどこが安い、と言うことはできないんですね。

3.最安の光コラボを選ぶコツ

最初に光コラボの月額料金を比較しましたが、その料金だけでは、最安の光コラボを見つけ出すことはできません。

最安の光コラボを選ぶポイントは以下の3点

  • 1年目だけでなく、トータルでかかる費用を計算すること
  • スマホとのセット割やキャンペーンを使いこなすこと
  • 契約期間と違約金、工事の支払い方法を確認すること

順番に説明していきますね。

3−1.1年目だけでなく、2年目以降の料金もトータルで考える

光コラボはキャンペーンによって1年目もしくは最初の期間だけ、毎月の料金が安くなることがあります。

その料金だけを見て契約すると、後になって一気に負担が増えてしまうことがあります。

ここで大切なのは、1年目の料金だけでなく、2年目、3年目…と、トータルでかかる費用を計算することです。

例えば、So-net光プラスのマンションプランは1,980円で最安でしたが、これは2年目までの料金で、3年目は4,480円と一気に料金が跳ね上がります。

「だったら、2年で乗り換えれば」と思うかもしれませんが、So-net光プラスの契約期間は3年なので、最低でも1年間は高い料金で使わなければいけません

長期で使おうと考えているのであれば、どこかのタイミングでSo-net光プラスよりも他社で契約した方が安くなる分岐点が訪れます。

以下、So-net光プラスenひかりで、1年毎の累計の支払い額です。

集合住宅の料金の例(工事費あり)
期間So-net光enひかり
2年トータル50,520円97,200円
3年トータル104,280円136,800円
4年トータル158,040円176,400円
5年トータル211,800円216,000円
6年トータル265,560円255,600円

3−2.スマホのセット割やキャンペーンを使いこなす

これは、光コラボを選ぶ上で最も大切なことなのですが、基本的には光コラボは今使っているスマホの回線とセットで選ぶようにして下さい。

光回線の中には、スマホとセットで契約をすると、スマホ代が割引されるものがあります。

そして、この割引額がかなり大きいので「スマホと光回線はセット」は回線選びの鉄則なのです。

大手キャリアでは以下のようなセット割を行っています。

大手キャリアのセット割
キャリアセット割
ドコモドコモ光セット割
auauスマートバリュー
ソフトバンク(ワイモバイル)おうち割光セット

いずれのセット割も、契約しているプランによって500円~1,000円の割引きを受けることができます。

しかも、その割引はスマホ1台ごとに適用されます。

多くの家庭ではスマホは家族で同じキャリアを使っていると思うので、セット割で数千円単位の割引きを受けることができます。

どの光コラボがセット割引を受けられるかは、先に紹介した月額料金の比較表をチェックしてくださいね。

代理店のキャンペーンもおすすめ

光コラボを選ぶ際、公式サイトから申し込むよりも、代理店を通した方が良い条件で契約できることがあります。

代理店が独自のキャッシュバックキャンペーンを行っていることがあるので、お目当ての光コラボを扱っている代理店がないかチェックしてみてください。

注意点として、高額なキャッシュバックがある代理店では、契約する前に以下の点を確認しておきましょう。

  • キャッシュバックの受け取りやすさ(手続きが簡単か)
  • キャッシュバックの受け取りのタイミング(すぐにもらえるか)
  • オプションへの加入の有無(余計なオプションに入らなくてもいいか)
  • 契約期間(最低利用期間はどれくらいか)

3−3.契約期間と違約金、工事費用の支払い方法を知っておく

光コラボを契約するときは、以下の3点を確認しておきましょう。

  • 契約期間
  • 解約違約金
  • 工事費用の支払い方法

契約期間について、一般的に光コラボは2年~3年のところが多いです。

長期の契約になるほど、毎月の料金が安くなったり、条件がよくなります。

例:@nifty光の戸建住宅プラン(新規)
期間月額料金キャッシュバック特典
2年契約5,200円なし
3年契約4,980円30,000円

しかし、同時に確認しておきたいのが解約にかかわる違約金についてです。

特に引っ越しの可能性がある人は、契約期間内の解約の際の違約金がどれくらいのかかるのか調べておきましょう。

また、工事費用の支払い方法が一括なのか分割なのか分割の場合は何ヶ月の分割なのかも確認しておきましょう。

契約期間が終了しても、工事費用の分割支払いが終わらないこともあります。

例:So-net光プラス
契約期間工事費分割支払い回数
36ヶ月(自動更新)戸建…400円×60ヶ月集合住宅…500円×48ヶ月

上の例だと、36ヶ月の段階では工事費の支払いが終わらないので、そのタイミングで解約すると工事費の残債が発生します。

ちなみに、エキサイト光enひかりには最低利用期間がなく、フレッツ光からの転用の際は工事費もかからないので、気軽に試すことができますね。

4.おすすめの最安光コラボ

ここまでの内容を踏まえて、最初にお伝えした結論を、もう一度お伝えします。

4-1.大手キャリアのスマホ回線を使っている場合

現在、大手キャリアのスマホを使っている人は戸建、マンションにかかわらず、以下の光コラボを選べば最安になる可能性が高いです。

利用している
スマホのキャリア
光コラボ
ドコモドコモ光
auSo-net光プラス
ビッグローブ光
ソフトバンク(ワイモバイル)ソフトバンク光

ドコモ、ソフトバンクのスマホを使っている場合は、ドコモ光ソフトバンク光を選びましょう。

auの場合は、

  • 戸建の場合…So-net光プラス
  • マンションの場合…ビッグローブ光

がベストだと考えられます。

トータル料金
期間戸建マンション
So-net光プラスビッグローブ光So-net光プラスビッグローブ光
2年トータル74,520円122,520円50,520円98,520円
3年トータル141,480円182,280円104,280円146,280円
4年トータル208,440円242,040円158,040円194,040円
5年トータル275,400円301,800円211,800円241,800円
6年トータル342,360円361,560円265,560円289,560円
公式キャンペーン
So-net光プラスビッグローブ光
キャッシュバック
(または割引)
24ヶ月目まで割引
(上記の金額は割引後)戸建…62,400円相当
マンション…60,000円相当
25,000円

または、
1,480円×12ヶ月=17,760円
の割引

工事費実質無料実質無料
ルータレンタル永年無料12ヶ月無料
(13ヶ月目以降は+500円)
その他無料訪問設定サポート引っ越しの際の工事費無料
契約期間3年(自動更新)3年(自動更新)
期間内の解約違約金20,000円20,000円
工事費の支払い方法マンション…48回
戸建…60回
40回

ビッグローブ光には25,000円のキャッシュバックがあります。

6年使えば、キャッシュバックを含めてビッグローブ光がお得になります。

またビッグローブ光は引っ越しの際の工事費が何度でも0円になるというメリットがあります。

そのため、引っ越しの可能性がありそうなマンション住まいの方は、ビッグローブ光を選んが方がいいかもしれません。

4-2.大手キャリア以外のスマホ回線を使っている場合

大手キャリア以外のスマホを使っている人は、

  • 戸建の場合…@スマート光
  • マンションの場合…enひかり

がベストでしょう。

スマホのセット割が受けられないので、できるだけ毎月の料金が安い光コラボを選ぶようにしましょう。

@スマート光は毎月の料金がSo-net光プラス以外では最安で、新規の工事費が無料

一般的に戸建の工事費は高いので、無料になるのは大きいですね。

enひかりも、So-net光プラス以外の光コラボの中では最安で、最低利用期間がないので、引っ越しがあるかもしれないマンション住まいの方にはおすすめです。

5.まとめ

最安の光コラボはどこ?

という疑問にお答えするために、主要な光コラボを比較しました。

光コラボを選ぶ際には、

  • トータルの料金で選ぶこと
  • スマホとのセット割引きやキャンペーンを使うこと
  • 解約金や工事費用の払い方も頭に入れておくこと

といった点が大切でした。

その中でもスマホとのセット割は効果が大きいので、まずは自分のスマホがセットで安くなる光コラボを中心に探すのがおすすめです。

ヒカリコンシェルでは無料のインターネット相談を行っています。

◇インターネット相談窓口にお問い合わせ
あなたのインターネットの悩み事を解決します。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

あなたにとって最安の光コラボを探すお手伝いをさせていただきますので、お気軽にご利用下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です